脳の外形についてまとめてみる。

脳の外形は、動物の種類によって大きく異なりますが、基本的な構造は同じになっています。

機能的には、大脳皮質、大脳基底核、視床、視床下部、中脳、小脳、橋、延髄に分類します。

また、中脳、橋、延髄を合わせて脳幹と呼ぶことが多くあります。

脳幹は、生命維持に重要な中枢部位で、生きていく上で不可欠な機能を司っています。

人間の脳は成人で約1400gあり、他の動物に比べて大脳半球がよく発達し、脳表面の多数のしわによって、大脳皮質の表面積は約2500cm2と新聞紙を広げた程度の大きさがあります。

人間の特異的な大脳の発達は、二本足で立ち、手を使い、言葉をしゃべるという進化の過程で得たものと考えられます。

一方、ネズミの大脳皮質にはしわがありませんが、行動の特性に合わせて嗅覚に関連した部位の発達が目立つなど、動物の種によって、脳の発達している部分には大きな違いがあります。

しかし、呼吸や循環など生命の維持に直接働いている脳部位である、脳幹の形や大きさの違いは、動物種の間ではほとんどありません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-9

    マウスピースの効果

    最近、ボクシングやアメフトなどのスポーツ以外のアスリートでもマウスピースを着けている人が多く見られる…
  2. 2015-11-25

    ラベンダーによるアロマテラピーについて

    アロマテラピーは芳香療法とも呼ばれ、1920年代にフランスの調香師ガットフォッセが作ったとされていま…
  3. 2014-10-17

    エネルギー供給機構を考える。

    筋収縮には ATP が必要であるが、筋内のATP の量はわずかであるため、運動を継続す るた…
  4. 2014-10-1

    日本人の敵「腰痛」

    日本人がもっとも多く訴える自覚症状は腰痛だといわれています。一説によると、一生のうちに一度で…
  5. 2017-1-17

    骨増強のためのトレーニング

    日常生活レベルの骨の歪みによって微小骨折が発生し、この損傷治癒機転として損傷部位の吸収、再形成がおこ…
ページ上部へ戻る