脳の外形についてまとめてみる。

脳の外形は、動物の種類によって大きく異なりますが、基本的な構造は同じになっています。

機能的には、大脳皮質、大脳基底核、視床、視床下部、中脳、小脳、橋、延髄に分類します。

また、中脳、橋、延髄を合わせて脳幹と呼ぶことが多くあります。

脳幹は、生命維持に重要な中枢部位で、生きていく上で不可欠な機能を司っています。

人間の脳は成人で約1400gあり、他の動物に比べて大脳半球がよく発達し、脳表面の多数のしわによって、大脳皮質の表面積は約2500cm2と新聞紙を広げた程度の大きさがあります。

人間の特異的な大脳の発達は、二本足で立ち、手を使い、言葉をしゃべるという進化の過程で得たものと考えられます。

一方、ネズミの大脳皮質にはしわがありませんが、行動の特性に合わせて嗅覚に関連した部位の発達が目立つなど、動物の種によって、脳の発達している部分には大きな違いがあります。

しかし、呼吸や循環など生命の維持に直接働いている脳部位である、脳幹の形や大きさの違いは、動物種の間ではほとんどありません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-9

    小学生や中学生のトレーニング

    小学生から中学生にかけての成長期は、骨が大きく成長し身長が急激に伸びる時期にあたります。この…
  2. 2017-2-28

    運動の作用・反作用をうまく使う

    格闘技や身体の接触があるスポーツで相手にぶつかったり、押したり引いたりすることがあります。そ…
  3. 2015-10-1

    腱の生理学的機能

    腱の多様な力学的および生理学的特性について考えてみるといくつかの主要な機能が見えてきます。ま…
  4. 2016-6-14

    動作のフィードバックと運動ニューロン

    ヒトは筋肉を動かすことで身体運動を可能にしています。筋肉はすべて神経によってコントロール…
  5. 2017-2-16

    体力を維持するコツ

    学生の部活動以来で運動をやって身体が動かなくてだめだったという経験がある方もいるでしょう。長…
ページ上部へ戻る