トリガーポイントの症状として定義されているものに、関連痛があります。関連痛の特徴として深部痛があげられ、動くことによって痛みが激化することもあります。

他の原因による痛みと同様、極めて激しいものです。痛みのレベルは、筋の大きさよりもトリガーポイントの過敏性に影響されます。もっとも小さなトリガーポイントが、起き上がれないほどの痛みを生じさせることもあります。

よくみられる関連痛の例に、緊張性頭痛、片頭痛、副鼻腔の痛み、顎の痛み、咽頭痛、耳の痛み、振り向くことができないほどの首の痛み、走りすぎによってわき腹に激痛を覚えることもあります。

また、背中の痛みの原因はいつも筋膜が関係しています。背中に痛みを感じると、関節炎、椎間板の障害、椎骨のズレなどをまず思い浮かべるでしょうが、だいたいは筋膜のトリガーポイントの関連痛と考えられています。

突然の下腹部痛や性機能に関する痛みは骨盤内部のトリガーポイントの関連痛である可能性があります。腹直筋のトリガーポイントが急性虫垂炎の症状を装うこともあります。子供や大人の夜尿症の場合も、下腹部のトリガーポイントによって尿道括約筋が弱っていることがあり、月経痛の大部分ですら腹筋のトリガーポイントに起因しています。

このように身体の内部のものと思える多くの症状が、実際には身体の外側にある筋のトリガーポイントから誘発されたものだとされています。

これらは定期的にマッサージを行うとかなり予防できると考えられているので、日々セルフマッサージで関連痛をなくしましょう。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-11-22

    グリコーゲンローディング

    日常生活におけるあらゆる運動・スポーツはエネルギー源物質であるアデノシン三リン酸(ATP )の高エネ…
  2. 2015-2-25

    脳とコンピューターの処理の違い

    脳は、莫大な量の情報を絶えず処理しています。その大量の情報を脳はどうやって処理しているのでし…
  3. 2015-3-4

    衛生仮説とは何か

    花粉症というと季節性のアレルギー性鼻炎になるわけですが、近年その発症率は上がってきています。…
  4. 2015-12-15

    伸張反射は中枢からの運動司令を強化する。

    すべての運動は筋や関節や皮膚の受容器を活性化させます。Sherringtonは、身体運動によ…
  5. 2015-9-18

    無酸素性エネルギー

    身体運動は、筋収縮によって行われます。筋の収縮と弛緩にかかわる直接的なエネルギーはATPです…
ページ上部へ戻る