トリガーポイントの症状として定義されているものに、関連痛があります。関連痛の特徴として深部痛があげられ、動くことによって痛みが激化することもあります。

他の原因による痛みと同様、極めて激しいものです。痛みのレベルは、筋の大きさよりもトリガーポイントの過敏性に影響されます。もっとも小さなトリガーポイントが、起き上がれないほどの痛みを生じさせることもあります。

よくみられる関連痛の例に、緊張性頭痛、片頭痛、副鼻腔の痛み、顎の痛み、咽頭痛、耳の痛み、振り向くことができないほどの首の痛み、走りすぎによってわき腹に激痛を覚えることもあります。

また、背中の痛みの原因はいつも筋膜が関係しています。背中に痛みを感じると、関節炎、椎間板の障害、椎骨のズレなどをまず思い浮かべるでしょうが、だいたいは筋膜のトリガーポイントの関連痛と考えられています。

突然の下腹部痛や性機能に関する痛みは骨盤内部のトリガーポイントの関連痛である可能性があります。腹直筋のトリガーポイントが急性虫垂炎の症状を装うこともあります。子供や大人の夜尿症の場合も、下腹部のトリガーポイントによって尿道括約筋が弱っていることがあり、月経痛の大部分ですら腹筋のトリガーポイントに起因しています。

このように身体の内部のものと思える多くの症状が、実際には身体の外側にある筋のトリガーポイントから誘発されたものだとされています。

これらは定期的にマッサージを行うとかなり予防できると考えられているので、日々セルフマッサージで関連痛をなくしましょう。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-8

    『可動性(MOBILITY)と安定性(STABILITY)』

    身体の効率的な動作には可動性と安定性が必要です。よく聞く柔軟性と可動性は少し異なり、柔軟性は…
  2. 2016-2-21

    ジュニア期での運動パターンの獲得

    人間は、80を超える基礎的運動パターンをもっています。この基礎的運動パターンを6~7歳頃までに習…
  3. 2014-12-10

    たとえ休日でも寝だめはダメなんです

    普段平日の睡眠不足に悩まされている方に採用されがちな解消法として「寝だめ」というものがあります。…
  4. 2015-8-6

    抗原抗体反応と免疫系

    病原菌などの非自己物質を認識し、排除する生体防衛機構のこと。情報伝達を用いて、細胞・組織・器官が複雑…
  5. 2016-1-10

    スポーツにおける腰痛とコアの筋構造

    スポーツにおける腰痛は性別・年代を問わず、あらゆる種目の競技者に頻発する障害です。そのなかでも、…
ページ上部へ戻る