セントラル・トリガーポイント

筋膜痛を解決するには、まず、筋の中央に生じるセントラル・トリガーポイントを見つけることが大切です。

トリガーポイントは、常に筋線維の中央部から発生します。ここには運動神経が入っており、筋を収縮させるように信号を送ります。

また、筋線維の中央部は、サルコメアが問題を引き起こし、硬くなってトリガーポイントを形成する場所でもあります。

その膨らみ(肥大して硬くなった部分)を見つけることで、痛みを引き起こすトリガーポイントにたどり着くことができます。

筋線維が端から端まで伸びていない場合、問題はより複雑になります。筋線維の並び方は筋の役割によって様々です。

スピードを出すための筋では、線維は平行に端から端までまっすぐ走っていて、トリガーポイントはその線維上に簡単に見つかります。

一方、力を出すための筋では、線維は対角線上に走っていて、線維が中央に向かって斜めに集まっている場合もあれば、鳥の羽のように斜め一方向に走っている場合もあります。トリガーポイントは、それぞれの線維の中央に見つかります。つまり筋中のあらゆる部位に存在している可能性があります。

さらに、二頭筋、三頭筋、四頭筋というように、筋がいくつかの塊(頭)に分かれている筋のトリガーポイントは一つの塊にしかない可能性もあれば、全てに存在する可能性もあります。

腹直筋のように結合組織の腱画によって分割されている長い筋の場合、いくつかの部位にトリガーポイントが存在します。

他にもある大きな力を出すための長い筋にも同様に、複数のトリガーポイントが存在する可能性を知らないと、重大なトリガーポイントを見落としてしまいます。

見落とさない為にも、トリガーポイントがどこに発生すのかを理解すべきですね。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-4

    反射神経とは

    競技によっても様々ですが、アスリートたちの反応の速い動きをみてると驚かされるばかりです。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  2. 2015-3-6

    尿による水分量の調節

    1日に尿をする回数は、成人で平均4~6回、その量は1日で約1.5リットルになるといわれています。…
  3. 2016-12-11

    筋力の増加でスピードを上げる

    筋力を上げてスピードがあがるのかを考えたときに、筋力があがると体重が増えるため遅くなるイメージをもた…
  4. 2015-6-12

    アディポサイトカイン

    アディポサイトカインとは、脂肪細胞から分泌され、糖代謝や脂質代謝に影響を与える生理活性物質のことをい…
  5. 2016-2-29

    大腿直筋の生理学的作用

    大腿直筋は、大腿四頭筋の筋力のわずか1/5しかもちません。そのため、それ自体のみでは膝関節を…
ページ上部へ戻る