DHA(ドコサヘキサエン酸)

近年、日本では、食生活の欧米化が進み生活習慣病が増加傾向にあります。

以前は成人病と呼ばれた生活習慣病ですが、加齢によって必ず罹患するものではなく、生活習慣によって改善できうるものということからこの名前になりました。

この生活習慣病が成人病と呼ばれていた頃からこれに対して効果のあるとされていた食べ物があります。

青魚です。

当時から青魚に多く含まれる成分のDHAやEPA(エイコサペンタエン酸)への関心があったかどうかは分かりませんが、今やそれがはっきりと証明されています。

肥満や生活習慣病の予防・改善に効果をもたらすDHAですが、脳に対しても重要な働きがあることが分かっています。

DHAは脳を構成する約140億個の脳細胞の膜に存在し、脳内でも特に記憶や学習に関わる海馬に多く集まっています

また、DHAは数ある脂肪酸の中で唯一「血液脳関門」を通過できる脂肪酸です。

血液脳関門とは、脳の働きに大切な神経細胞を有害物質から守るバリア機構で、アミノ酸・糖・カフェインなど一部の物質しか通しません。

DHAは記憶力や判断力といった認知機能の向上・改善や神経細胞の発育、機能維持に働きます。

DHAを摂取しても絶対に頭がよくなるとは限りません。

しかし、脳にとっても身体にとっても健康を維持するためには間違いなく必要なものです。

ぜひ積極的にDHAを摂取してみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-5

    暑熱障害と体液

    生体は水負積(脱水率)の程度に応じて種々の症状を示します。…
  2. 2015-7-16

    運動中の水分補給

    皆さんは、運動中に何を飲んでいますか?水、お茶、スポーツドリンクのうちのどれかに当てはまる方…
  3. 2016-12-17

    連続的持久力と間欠的持久力の乳酸代謝の違い

    長距離走のような一定の強度で長時間運動を継続するものを連続的持久運動といい、サッカーのようなダッシュ…
  4. 2015-1-16

    ブルーベリーは眼に良いか

    PCで作業をしたり、本を読んだりするなどすると、目が疲れてくることがあるかと思います。目…
  5. 2015-9-2

    脊柱のカップリングモーションと歩行

    脊柱にはカップリングモーションという機構があります。これは脊柱の動きは、カップル(二つ一…
ページ上部へ戻る