関節因性筋抑制 -Arthrogenic muscle inhibition-

膝変形性関節症の方の運動療法を考える場合、「膝変形性関節症の患者さんは神経系の抑制性反射メカニズムによって、大腿四頭筋の筋力が低下している可能性が高い」ということを考慮しなくてはなりません。

この神経系の抑制性反射メカニズムのことを関節因性筋抑制(Arthrogenic muscle inhibition:以下AMIと略)と言ったりします。

このAMI。
arthro = 関節、 Genic = 生じる、という意味から、関節を起源とする筋肉の抑制であることが分かります。

筋肉が抑制されると脳と筋肉が上手くコミュニケーションできなくなり、筋肉を上手く使えなくなります。

「力を入れたくても、神経抑制によって力が入らない」

その結果使われなくなった筋肉は、筋萎縮を起こすという流れに陥ります。

このAMIという症状は、非常によく見られる症状なのにも関わらず、実はこの存在をちゃんと理解している施術家が少ないのが現状。

AMIに関する論文を読むと
“neural inhibition of uninjured musculature surrounding an injured joint.”

つまりは、

neural inhibition=”神経抑制”
uninjured musculature=”傷ついていない筋組織”
surrounding an injured joint=”傷ついている関節周辺の”

要するに”傷ついてる関節周辺のノーマルな筋に神経抑制が起こってる”というのががAMIの正体。

これは神経の働きとして、「関節に起きた怪我」をきっかけに、周りの筋肉に「静まれ!」と抑制のシグナルを送り始めます。
筋肉そのものには一切損傷が起こっていませんが、その筋肉を支配している神経が「動いてはいけない!」というシグナルを出すので、筋の活動が抑制されてしまうのです。

このような場合、筋の抑制シグナルを抑えない限り、トレーニング、治療効果も薄いことはわかると思います。

実はこのような症状ってよくあったりします。

例えば、捻挫です。
内反捻挫を繰り返すということも、前距腓靭帯が伸びてしまっているからというのもありますが、その前に靭帯損傷によって本来働くはずの腓骨筋などの筋力低下などがこのAMIによって生じていたという可能性も考える必要があります。

関節のケガをしたことで、筋力が落ちたという方はAMIによるものかもしれません。
このAMI、TENS(経皮的電気刺激)を使って抑制性の反射メカニズムを改善すること、あるいはクライオセラピーなどで冷やすことで抑制を抑えることができることがわかっています。

治療家としては症状を知った上で、それに対する効果的な治療プランを選択することが求められますね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-24

    膝関節の機能解剖

    膝関節は大きな可動性を有した関節形状をしていて、特に矢状面上での可動域が大きい関節になります。矢…
  2. 2017-2-25

    対空時間と接地時間がバネの大きさを決める

    素晴らしいジャンプをするバレーボール選手や、一瞬のダイナミックな動きをするスポーツ選手について、あの…
  3. 2016-1-8

    筋の粘弾性性質と収縮活動

    筋緊張(トーン【tone】)、もしくは筋張力(テンション【tension】)は生理学的に2つの因子に…
  4. 2016-2-27

    皮膚温度の変化の検出と温度受容器

    手でもった対象物の大きさや形、テクスチャーは触覚だけでなく視覚によっても感知することが可能ですが、温…
  5. 2015-3-24

    運動前後の栄養補給

    今日は、運動前後の栄養補給について書いていきます。先日、お客様より「運動した後はどんな食事が…
ページ上部へ戻る