身体を動かす際に、痛くはないけれど普通ではない状態のときなどに感じる『違和感』。

この『違和感』にも色々な種類があります。

例えば、左膝の靭帯を痛めていた場合にその痛みを右足がかばい、体重がより右足にかかり、筋肉への負担や疲労の蓄積により、右足に違和感を感じるケース。

また、痛みをごまかしている違和感のケースもあります。
痛みを感じるが我慢できる範囲の為、ごまかしながら身体を動かしているケース。

または、姿勢不良や間違った運動パターンにより、代償動作が起こり、その動きを繰り返すことにより代償している部位に違和感を感じるケースなど様々な要因で違和感を感じることがあります。

違和感をそのままにしておくと、代償部位などにストレスが継続して蓄積していき、最終的には痛みに繋がることもあります。

よく痛めている部位とは、反対側にあたる部位も痛めてしまう場合などはこのケースによく起こります。

まず重要なことは、自分の身体の感覚に敏感になることです。
また、違和感を感じたらできるだけ早く何らかの対処をすることです。

スポーツをしている方に多いですが、違和感はあるが我慢すれば動けるのでそのままスポーツを継続して行い、痛みに繋がり痛みが出て初めてスポーツを中断して、病院を受診するということはよくあると思いますが、痛みが出てからでは治療にも時間がかかり、完治に要する期間も長くなります。

この違和感をいかに早く感じ取り、対処することができるかが障害を防ぐ為にはとても重要です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-11-17

    椎間板ヘルニアの保存療法

    腰椎椎間板ヘルニアはアスリートに発生する腰痛の原因としてしばしば問題となっている。治療方法は…
  2. 2015-10-10

    相反性抑制と反回抑制

    関節には、反対方向へ引き合う複数の筋群が対となって付着します。例えば、肘関節を伸ばす上腕三頭…
  3. 2015-8-10

    ATPを産生するメカニズム

    ATPを産生するメカニズムは①クレアチンリン酸(PCr)の分解によるATP-PCr系…
  4. 2015-3-30

    意外と身近な「ペットボトル症候群」とは?

    季節的に暖かくなるにつれて水分摂取の量が増えていきますが、ジュースをよく飲む方にとっては注意すべきこ…
  5. 2014-10-1

    プロバイオティクスによる健康法

    昨晩、ヨーグルトを食べていると、何気なくみた容器に「プロバイオティクス」という言葉をみつけました。…
ページ上部へ戻る