さてトリガーポイントの概念については先日お話しましたが、そもそもトリガーポイントの明確な定義はというと?

「押すと鋭い痛みを感じる過敏になった限局性のスポットで、筋組織の触診可能な索状硬結上の結節の中に存在する」

これがトリガーポイントの明確な定義といわれています。

定義の最初の部分は、単に、トリガーポイントを押すと地獄のような痛みがおこることを意味しています。

トリガーポイントが活性化されると顔が引きつり、思わず身体を引いてしまう、いわゆる「跳び上がるほどの過剰な痛み」が生じます。

定義にある「結節」は、トリガーポイントそのものです。

ゆび先で触ると、こわばり、あるいは小さなしこりが感じられます。

大きさはピンの頭から豆粒くらいまで様々です。

大腿部の大きな筋の場合には、親指ほどの大きさに感じられることもあります。

時には、生ゆでのマカロニやスパゲッティの破片のような触感ともいわれています。

さらに、「触診可能な索状硬結」とは、コードやケーブルのような半硬直状態の筋のことで、よく腱と間違いやすいことで知られています。

硬結とは硬く張っている状態を、触診可能は指で触れれば感じられるということをそれぞれ意味します。

ある筋の索状硬結を伸張すると局所的な単収縮、つまり短い自発的な収縮が起こります。

索状硬結があると筋を伸張する能力が落ち、可動域が制限されがちです。

索状硬結は、トリガーポイントがない場合でも、痛みがないまま筋内に存在することがあります。

ただ、誰もがこのトリガーポイントを感じれるわけではない。正しい知識、触り方、指先の感覚を磨いてトリガーポイントを消失させることが大切です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-27

    発達性動作機能不全

    発達性動作機能不全は、運動の発達過程において理想的な動作を行う機会が充分でなかった場合や、理想的でな…
  2. 2015-1-12

    Soft tissue mobilization(軟部組織モビライゼーション)

    人間のカラダには、骨や筋肉や内臓があり、それを皮膚が包んでいる。しかしながら、皮膚だけでは構造上…
  3. 2014-10-9

    運動後には・・・チョコレートドリンク!?

    運動後の水分補給や栄養補給には何が効果的か。これに関しては、さまざまなところで議論が行な…
  4. 2016-2-9

    呼吸調整中枢とその機能

    呼吸は日常の活動に常に随伴して行われます。つまり、呼吸は多くの運動活動と調和する必要がありま…
  5. 2015-10-10

    相反性抑制と反回抑制

    関節には、反対方向へ引き合う複数の筋群が対となって付着します。例えば、肘関節を伸ばす上腕三頭…
ページ上部へ戻る