さてトリガーポイントの概念については先日お話しましたが、そもそもトリガーポイントの明確な定義はというと?

「押すと鋭い痛みを感じる過敏になった限局性のスポットで、筋組織の触診可能な索状硬結上の結節の中に存在する」

これがトリガーポイントの明確な定義といわれています。

定義の最初の部分は、単に、トリガーポイントを押すと地獄のような痛みがおこることを意味しています。

トリガーポイントが活性化されると顔が引きつり、思わず身体を引いてしまう、いわゆる「跳び上がるほどの過剰な痛み」が生じます。

定義にある「結節」は、トリガーポイントそのものです。

ゆび先で触ると、こわばり、あるいは小さなしこりが感じられます。

大きさはピンの頭から豆粒くらいまで様々です。

大腿部の大きな筋の場合には、親指ほどの大きさに感じられることもあります。

時には、生ゆでのマカロニやスパゲッティの破片のような触感ともいわれています。

さらに、「触診可能な索状硬結」とは、コードやケーブルのような半硬直状態の筋のことで、よく腱と間違いやすいことで知られています。

硬結とは硬く張っている状態を、触診可能は指で触れれば感じられるということをそれぞれ意味します。

ある筋の索状硬結を伸張すると局所的な単収縮、つまり短い自発的な収縮が起こります。

索状硬結があると筋を伸張する能力が落ち、可動域が制限されがちです。

索状硬結は、トリガーポイントがない場合でも、痛みがないまま筋内に存在することがあります。

ただ、誰もがこのトリガーポイントを感じれるわけではない。正しい知識、触り方、指先の感覚を磨いてトリガーポイントを消失させることが大切です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-12

    Soft tissue mobilization(軟部組織モビライゼーション)

    人間のカラダには、骨や筋肉や内臓があり、それを皮膚が包んでいる。しかしながら、皮膚だけでは構造上…
  2. 2015-3-25

    ひとりごとも良いものです。

    日常生活の中でよくひとりごとを言う方もいることでしょう。大抵は特に意味の持たない言葉ですが、…
  3. 2015-8-16

    ストレスと下垂体 – 副腎系

    生体にストレスが加わると、さまざまな変化が起こります。生体へのストレス負荷により、視床下部―…
  4. 2015-7-16

    運動中の水分補給

    皆さんは、運動中に何を飲んでいますか?水、お茶、スポーツドリンクのうちのどれかに当てはまる方…
  5. 2016-12-17

    連続的持久力と間欠的持久力の乳酸代謝の違い

    長距離走のような一定の強度で長時間運動を継続するものを連続的持久運動といい、サッカーのようなダッシュ…
ページ上部へ戻る