日常生活を送っていると、特に何かをしたわけじゃないのに体が痛い、調子がよくない、というようなことがよくあります。

そういった原因不明の体の不調、痛みの大半は、トリガーポイントと呼ばれる筋肉の硬結が原因で起こると考えられています。

何百万人もの患者がいるとされている線維筋痛症ですらトリガーポイントに起因する例が多数あるとされています。

トリガーポイントは、頭痛、首や顎の痛み、腰痛、関節炎、靭帯損傷など、多種の関節痛の原因であると考えられます。

また、めまいや吐き気、不整脈やテニス肘といった問題を引き起こす可能性もあります。

中には、治療手段がないと思われている持続性の痛みや障害で、患者が抑うつ状態に陥ることもあります。

現状では、トリガーポイントという概念は医療従事者に完全に受け入れられているわけではありません。

その原因のひとつとして東洋医学を基礎とする指圧療法と混同されがちだということがあります。

確たる科学的調査が行われていないため、証拠不明の擬似科学だと思われることがあるのです。

しかし、近年の西洋医学の研究結果から、トリガーポイントのことが明らかになりつつあります。

トリガーポイントは実在し、指で触診でき、独特の電気信号を発生させるため、機器で測定することも可能です。

トリガーポイントに起因する問題は驚くほど簡単に解決することができると考えられています。

実際、正しい情報さえ得られれば、たいていの人は自分で治療することができるといいます。

そうなるためにも、まずトリガーポイントという概念をしっかり理解していくことが重要です。

原因不明の肩こりや腰痛ももしかしたらトリガーポイントの仕業かもしれませんね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-28

    脊柱と骨盤の正常化

    スポーツをしている人には、競技特性によって脊柱が適切なS字カーブを失い変形している人が見られます。…
  2. 2015-11-7

    ミネラルの正体

    ミネラルというとイコール塩分といったイメージがありますが、実はそうではありません。普段、ミネ…
  3. 2015-5-7

    体温調節機構

    だんだんと暖かく...というよりは暑くなってきましたね。私たちは、そんな環境の変化にどの…
  4. 2015-1-24

    高齢者の運動効果

    歳をとってからでも筋肉トレーニングをしたら効果は出るのでしょうか??高齢者でもしっかりと筋ト…
  5. 2017-2-7

    筋肉トレーニングをスポーツで活かすために

    スポーツのパフォーマンスをアップするためには、スポーツの動きを再現した専門的トレーニングを行っていく…
ページ上部へ戻る