食べてエネルギーを消費する。

人は生きるうえでエネルギーを摂取したり消費したりします。

消費エネルギーを増やすために運動をする人もいれば、摂取エネルギーを減らすために食事の量を減らす人もいます。

肥満やダイエットはこのエネルギー収支に左右されるわけですが、食べれば太る、食べなければ痩せる、と言いきれるものでもありません。

もちろん食べ過ぎれば太るのは大方間違いないですし、食べなければ痩せるのも間違いありません。

ここでひとつ知っておきたいのが食事がもたらすエネルギーは全て正の方向に向かうわけではないということです。

食事を摂ることで消費されるエネルギーもあるのです。

そういったエネルギー消費を食事誘発性熱産生といいます。

人のエネルギー消費は、基礎代謝・生活活動代謝・食事誘発性熱産生からなります。

それぞれ6:3:1の割合でエネルギー消費の総量を占めます。

ダイエットをしている方は摂取エネルギーを気にして食事の量を減らすことが多いですが、食事を摂ることで消費されるエネルギーもあるわけですからそこを上手く利用すれば食事をしっかり摂りながらダイエットをすることも可能になるのです。

食事誘発性熱産生量を上げるためには、咀嚼であったり、タンパク質に富んだ食事であったり、朝食をしっかり食べるといったことが必要になります。

摂取エネルギーを減らすのではなく、如何に消費エネルギーを増やすかを考えてみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-17

    ポッピングサルコメア仮説とは

    オーストラリアの電気技師David Morganは、遠心性収縮に伴う筋損傷について、損傷をもたらすの…
  2. 2017-2-5

    筋肥大を促すホルモンを分泌するために

    筋肥大を促す代表的な物質には、成長ホルモン、テストステロン、インスリン様成長因子ーⅠなどがあります。…
  3. 2015-6-26

    アスリートの為のプロテイン摂取

    プロテインと聞くと、「筋肉増強剤」などのイメージが強い方もいらっしゃると思いますが、ビタミンやミネラ…
  4. 2015-1-8

    『可動性(MOBILITY)と安定性(STABILITY)』

    身体の効率的な動作には可動性と安定性が必要です。よく聞く柔軟性と可動性は少し異なり、柔軟性は…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…
ページ上部へ戻る