東洋医学における人体の構成要素

東洋医学における人体の構成要素は、気(き)・血(けつ)・津液(しんえき)・精(せい)となります。

『気』は、生命活動のエネルギー源であり、4種類の気があります。
『血』は、脈管(血脈)の中に存在する赤い液体です。栄養物や酸素と結びつき、それらを全身の組織に送り届けます。
『津液』は、透明な水分で、体内に存在する血以外のすべての水分のことをさします。全身に分布し、からだを潤しています。また、汗や涙として体外に分泌もされます。
『精』は、生命活動を支えるスタミナ源で、五臓の1つ腎に貯蔵されており、そこから全身に広がります。また、精には先天の精と後天の精の2つがあります。先天の精は、両親から受け継ぎ、生まれつき持っている精で、からだを成長させていく源となります。後天の精は、生まれた後に自分でつくりだす精のことで、水穀の精微(飲食物の栄養分が変化したもの)からつくりださ
れ、腎に入って先天の精と一緒になります。


それでは、4種類の気についてお話します。
東洋医学における気は、『元気』『宗気』『営気』『衛気』があります。

元気→臓器から皮膚にいたるまで全身に分布します。4つの中で最も重要な気で、人体のすべての組織は元気によって機能し、元気が充実すればするほど健康になるとされます。先天の精から変化したもので、生まれてからは後天の精によって生成され、補充されます。原気・真気ともいいます。

宗気→呼吸で吸い込んだ清気(大気のなかのきれいな気)と、水穀の精微が結合して生成され、呼吸と血の運行を押し進める機能があります。

営気→水穀の精微からつくられ、脈管内に存在し、血を押し動かし、血とともに各組織に栄養を供給します。つねに血とともにあることから、両者を合わせて営血(えいけつ)と呼ぶこともあります。

衛気→水穀の精微からつくられ、体内から皮膚まで全身に分布します。気のなかで最も動きが速く、活発に動きます。からだの外、皮膚の表面にも存在し、全身を覆って、外からの邪気の侵入を防ぎます。また、内部に入ってきた邪気を追い出す働きもします。暑いときは汗腺を開いて汗を出して体温を下げ、寒いときは汗腺を閉じます。臓器を温めたり、体毛に栄養を与える働きもあります。

東洋医学を考える場合、まずはこの気学を理解することが大事です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-3-11

    負荷に自重を用いる場合の留意点

    筋力エクササイズの負荷に自重を用いた場合、鍛えたい筋や筋群に加わる負荷強度は、自重に対するそれらの筋…
  2. 2017-4-3

    プロテイン効果のあるトレーニング後と睡眠中

    プロテインは、日常の食事では摂りづらいタンパク質の補給に加え、摂るタイミングで威力を発揮してくれるあ…
  3. 2017-1-30

    トレーニングプログラム

    理想の身体を作るために様々な方法があると思いますが、トレーニングを行い筋肉をつけてメリハリのある身体…
  4. 2015-3-13

    骨を鳴らすと太くなる?

    皆さんのなかにもついつい無意識に指や首の骨をポキポキ鳴らしてしまう方がいると思います。このと…
  5. 2014-11-17

    椎間板ヘルニアの保存療法

    腰椎椎間板ヘルニアはアスリートに発生する腰痛の原因としてしばしば問題となっている。治療方法は…
ページ上部へ戻る