東洋医学における人体の構成要素

東洋医学における人体の構成要素は、気(き)・血(けつ)・津液(しんえき)・精(せい)となります。

『気』は、生命活動のエネルギー源であり、4種類の気があります。
『血』は、脈管(血脈)の中に存在する赤い液体です。栄養物や酸素と結びつき、それらを全身の組織に送り届けます。
『津液』は、透明な水分で、体内に存在する血以外のすべての水分のことをさします。全身に分布し、からだを潤しています。また、汗や涙として体外に分泌もされます。
『精』は、生命活動を支えるスタミナ源で、五臓の1つ腎に貯蔵されており、そこから全身に広がります。また、精には先天の精と後天の精の2つがあります。先天の精は、両親から受け継ぎ、生まれつき持っている精で、からだを成長させていく源となります。後天の精は、生まれた後に自分でつくりだす精のことで、水穀の精微(飲食物の栄養分が変化したもの)からつくりださ
れ、腎に入って先天の精と一緒になります。


それでは、4種類の気についてお話します。
東洋医学における気は、『元気』『宗気』『営気』『衛気』があります。

元気→臓器から皮膚にいたるまで全身に分布します。4つの中で最も重要な気で、人体のすべての組織は元気によって機能し、元気が充実すればするほど健康になるとされます。先天の精から変化したもので、生まれてからは後天の精によって生成され、補充されます。原気・真気ともいいます。

宗気→呼吸で吸い込んだ清気(大気のなかのきれいな気)と、水穀の精微が結合して生成され、呼吸と血の運行を押し進める機能があります。

営気→水穀の精微からつくられ、脈管内に存在し、血を押し動かし、血とともに各組織に栄養を供給します。つねに血とともにあることから、両者を合わせて営血(えいけつ)と呼ぶこともあります。

衛気→水穀の精微からつくられ、体内から皮膚まで全身に分布します。気のなかで最も動きが速く、活発に動きます。からだの外、皮膚の表面にも存在し、全身を覆って、外からの邪気の侵入を防ぎます。また、内部に入ってきた邪気を追い出す働きもします。暑いときは汗腺を開いて汗を出して体温を下げ、寒いときは汗腺を閉じます。臓器を温めたり、体毛に栄養を与える働きもあります。

東洋医学を考える場合、まずはこの気学を理解することが大事です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-6

    尿による水分量の調節

    1日に尿をする回数は、成人で平均4~6回、その量は1日で約1.5リットルになるといわれています。…
  2. 2015-9-1

    運動学習における感覚系の役割

    箸を巧みに使うためには、視覚運動協応が重要であり、ピアノ演奏には、聴覚フィードバックが必要になります…
  3. 2015-9-16

    遺伝子と性格

    心理学領域にクレッチマーの分類というものがあります。これは、性格と体格、そして精神疾患には関…
  4. 2015-2-16

    運動の「向き」「不向き」は遺伝子だけで決まるものではない。

    ACTN3という遺伝子をこ存じでしょうか?αアクチニン3タンパク質の略で、筋肉の構造に関わる…
  5. 2015-5-22

    アルコール代謝によるRedox Shiftとは

    ダイエットはしているけどお酒は飲む。ダイエットをしている方のなかにもこういった方がいるのでは…
ページ上部へ戻る