東洋医学における人体の構成要素

東洋医学における人体の構成要素は、気(き)・血(けつ)・津液(しんえき)・精(せい)となります。

『気』は、生命活動のエネルギー源であり、4種類の気があります。
『血』は、脈管(血脈)の中に存在する赤い液体です。栄養物や酸素と結びつき、それらを全身の組織に送り届けます。
『津液』は、透明な水分で、体内に存在する血以外のすべての水分のことをさします。全身に分布し、からだを潤しています。また、汗や涙として体外に分泌もされます。
『精』は、生命活動を支えるスタミナ源で、五臓の1つ腎に貯蔵されており、そこから全身に広がります。また、精には先天の精と後天の精の2つがあります。先天の精は、両親から受け継ぎ、生まれつき持っている精で、からだを成長させていく源となります。後天の精は、生まれた後に自分でつくりだす精のことで、水穀の精微(飲食物の栄養分が変化したもの)からつくりださ
れ、腎に入って先天の精と一緒になります。


それでは、4種類の気についてお話します。
東洋医学における気は、『元気』『宗気』『営気』『衛気』があります。

元気→臓器から皮膚にいたるまで全身に分布します。4つの中で最も重要な気で、人体のすべての組織は元気によって機能し、元気が充実すればするほど健康になるとされます。先天の精から変化したもので、生まれてからは後天の精によって生成され、補充されます。原気・真気ともいいます。

宗気→呼吸で吸い込んだ清気(大気のなかのきれいな気)と、水穀の精微が結合して生成され、呼吸と血の運行を押し進める機能があります。

営気→水穀の精微からつくられ、脈管内に存在し、血を押し動かし、血とともに各組織に栄養を供給します。つねに血とともにあることから、両者を合わせて営血(えいけつ)と呼ぶこともあります。

衛気→水穀の精微からつくられ、体内から皮膚まで全身に分布します。気のなかで最も動きが速く、活発に動きます。からだの外、皮膚の表面にも存在し、全身を覆って、外からの邪気の侵入を防ぎます。また、内部に入ってきた邪気を追い出す働きもします。暑いときは汗腺を開いて汗を出して体温を下げ、寒いときは汗腺を閉じます。臓器を温めたり、体毛に栄養を与える働きもあります。

東洋医学を考える場合、まずはこの気学を理解することが大事です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-2-9

    呼吸調整中枢とその機能

    呼吸は日常の活動に常に随伴して行われます。つまり、呼吸は多くの運動活動と調和する必要がありま…
  2. 2015-1-24

    高齢者の運動効果

    歳をとってからでも筋肉トレーニングをしたら効果は出るのでしょうか??高齢者でもしっかりと筋ト…
  3. 2015-3-13

    骨を鳴らすと太くなる?

    皆さんのなかにもついつい無意識に指や首の骨をポキポキ鳴らしてしまう方がいると思います。このと…
  4. 2015-2-10

    摂食行動異常とは

    最近、多くの人は自分を太りすぎていると感じており、巷には痩身法に関する情報があふれています。…
  5. 2015-2-9

    マウスピースの効果

    最近、ボクシングやアメフトなどのスポーツ以外のアスリートでもマウスピースを着けている人が多く見られる…
ページ上部へ戻る