柔軟性とは何か?の問いに対し、一つ出た答えが、『動きが柔らかいこと』。これを柔軟性の『柔』にあたる要素とするなら、もう一つの『軟』にあたる要素は、『肉体が軟らかいこと』でしょう。足が高く上がるとか、関節が180度開くなどの関節可動域や筋肉の伸展性にすぐれた状態です。

ヨーガやアーユルヴェーダといった身体文化を生んだ、悠久の地・インドの伝統武術『カラリパヤット』は、肉体の軟らかさを追求するのにうってつけの体系をそなえています。カラリパヤットの特徴のひとつである、鞭のようにしなる高い蹴り、その練習方法は攻撃バターンの反復練習というより、脚の振り上げ、振り下ろしの動作による体作りの要素が強く、7種類の基本の蹴りを練習することで股関節を活性化し、筋肉を鍛え、身体能力の基礎を養成していくといいます。カラリパヤットの基本中の基本といえばネルカルとばれる、足首と膝を伸ばして股関節から脚を振り上げる蹴りです。これをひたすらやります。

images

そして脚の訓練の次に行われるのが、動物のポーズによる訓練です。象、馬、ライオン、猪、蛇、鶏、猫、魚の8種類のポーズがあり、中でも基礎となるのが象と馬のポーズで、どちらも股関節を折り込んで、腰を低く落とした格好になります。元々カラリパヤットの動作は動物の動きに由来しています。常に全身を使って動く動物の動きに学び、その動作の本質を武術に取り入れているのです。

zo  uma

これらの訓練を行うことで、普段の生活の中、ほとんど使われないような部位の筋肉を含め、全身のあらゆる筋肉が、活発に働き、体が隅々まで鍛えられていくのです。またカラリパヤットではフィジカルトレーニングとともにオイルマッサージも重視されていて、練習前後に各自持参したオイルでセルフマッサージを行うのです。さらに上級者が行うアルマ治療では、健康な体を作る上で柔軟性を重視していて、アルマを刺激しつつ、関節の可動域を広げていくような施術が行われます。

このように基礎訓練から武器術、体術、アルマ、医療などへと繋がる体系は、日本や中国の武術を研究する上でも大いに参考になると思います。インドの伝統武術は、単なる戦闘技術には収まらず、医療や舞踊、宗教思想などさまざまな要素が重なり合う伝統文化となっていて、簡単には理解できない奥深さをもっているのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-15

    筋膜とは何か?

    筋膜とは、その名の通り筋を包む膜のことだが、筋全体を覆っている最外層の筋上膜といくつかの筋線維を束ね…
  2. 2014-9-27

    副腎皮質ホルモン

    副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  3. 2015-8-8

    随意運動と筋

    骨格筋は身体を支え、身体運動を起こす力源として機能しています。骨格筋は、中枢神経系で形成され…
  4. 2017-1-31

    分厚い胸板をつくるために

    厚い胸板はトレーニングをする人、特に男性には憧れの存在です。ここが薄いとスーツやTシャツもか…
  5. 2016-2-11

    IAP(腹腔内圧)の上昇能と動的制御・パフォーマンスアップ

    体幹は身体質量の約65%を占めドロップジャンプ動作の着地局面における体幹の慣性モーメントは下肢の慣性…
ページ上部へ戻る