オレキシンというもの。

人は生きるために食事を取らなければなりません。

もちろん生きるためではありますが、それ以上に食事に「楽しみ」「喜び」を感じているからにほかなりません。

そこに関わる神経伝達物質がオレキシンです。

オレキシンという物質はオレキシンニューロンという神経細胞から生み出される物質です。

オレキシンニューロンはホメオスタシスの中枢とも言える視床下部に存在し、摂食行動を促進させる働きを持っています。

ほかにも睡眠と覚醒のコントロール、交感神経の活動を促進させ身体のエネルギー消費を促進させる働きがあります

オレキシンが視床下部で分泌されると筋肉が血液からエネルギーのもとである糖を使うために取り込む速度が最大で約三倍になります。

オレキシンが体内で作られないとナルコレプシー症候群や肥満、糖尿病などを引き起こす原因になります。

脳の報酬系にも関与しており、動機に対してそれが達成されるとオレキシンの分泌が活性化されます。

食べるという行動に対しては「美味しい」「幸せ」と思うことでオレキシンの分泌が促されます。

したがって食事を喜びを感じるだけでも消費エネルギーが上がるということです。

それだけでも痩せやすい体になるということですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-12-9

    スポーツ医学の起源を知る。

    どの分野でも常に新しい発見があるように、スポーツの世界でも、理論や科学、医学とさまざまな分野で進化を…
  2. 2016-12-17

    連続的持久力と間欠的持久力の乳酸代謝の違い

    長距離走のような一定の強度で長時間運動を継続するものを連続的持久運動といい、サッカーのようなダッシュ…
  3. 2015-1-9

    PRI(Postural Restoration Institute)を考える

    全身のバランスを考えるときに体は左右対称にすべきなのか。それとも、もともとが左右対称でないので、…
  4. 2015-8-4

    筋・筋膜痛について

    筋痛には、運動に伴う筋痛や、反射性筋収縮による筋痛、筋筋膜性疼痛症候群、線維性筋痛症候群、緊張による…
  5. 2015-3-31

    sensori-motor integration

    我々が自由に身体を移動させ、手でものをつかみ、投げ、道具を作り、操ることができるのは、全身に備わって…
ページ上部へ戻る