オレキシンというもの。

人は生きるために食事を取らなければなりません。

もちろん生きるためではありますが、それ以上に食事に「楽しみ」「喜び」を感じているからにほかなりません。

そこに関わる神経伝達物質がオレキシンです。

オレキシンという物質はオレキシンニューロンという神経細胞から生み出される物質です。

オレキシンニューロンはホメオスタシスの中枢とも言える視床下部に存在し、摂食行動を促進させる働きを持っています。

ほかにも睡眠と覚醒のコントロール、交感神経の活動を促進させ身体のエネルギー消費を促進させる働きがあります

オレキシンが視床下部で分泌されると筋肉が血液からエネルギーのもとである糖を使うために取り込む速度が最大で約三倍になります。

オレキシンが体内で作られないとナルコレプシー症候群や肥満、糖尿病などを引き起こす原因になります。

脳の報酬系にも関与しており、動機に対してそれが達成されるとオレキシンの分泌が活性化されます。

食べるという行動に対しては「美味しい」「幸せ」と思うことでオレキシンの分泌が促されます。

したがって食事を喜びを感じるだけでも消費エネルギーが上がるということです。

それだけでも痩せやすい体になるということですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-19

    脂肪とは何か?

    健康面でも美容面でも「脂肪」という名前が出ていますが、そもそも脂肪とはなんでしょうか。お腹の…
  2. 2015-5-31

    α-γ連関とγループとは

    運動神経は、神経線維の太いα運動ニューロンと、神経線維の細いγ運動ニューロンからなります、脊…
  3. 2015-10-10

    筋断裂

    筋断裂は創傷をともわない閉鎖性筋損傷で、肉離れとも呼ばれます。スポーツ外…
  4. 2017-1-29

    筋線維の損傷と再生

    筋肉は筋トレで一度壊し、回復させると強くなると言われています。ただし、けがや壊れたというより…
  5. 2016-12-11

    筋力の増加でスピードを上げる

    筋力を上げてスピードがあがるのかを考えたときに、筋力があがると体重が増えるため遅くなるイメージをもた…
ページ上部へ戻る