オレキシンというもの。

人は生きるために食事を取らなければなりません。

もちろん生きるためではありますが、それ以上に食事に「楽しみ」「喜び」を感じているからにほかなりません。

そこに関わる神経伝達物質がオレキシンです。

オレキシンという物質はオレキシンニューロンという神経細胞から生み出される物質です。

オレキシンニューロンはホメオスタシスの中枢とも言える視床下部に存在し、摂食行動を促進させる働きを持っています。

ほかにも睡眠と覚醒のコントロール、交感神経の活動を促進させ身体のエネルギー消費を促進させる働きがあります

オレキシンが視床下部で分泌されると筋肉が血液からエネルギーのもとである糖を使うために取り込む速度が最大で約三倍になります。

オレキシンが体内で作られないとナルコレプシー症候群や肥満、糖尿病などを引き起こす原因になります。

脳の報酬系にも関与しており、動機に対してそれが達成されるとオレキシンの分泌が活性化されます。

食べるという行動に対しては「美味しい」「幸せ」と思うことでオレキシンの分泌が促されます。

したがって食事を喜びを感じるだけでも消費エネルギーが上がるということです。

それだけでも痩せやすい体になるということですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-15

    冬のほうが代謝が高いのはなぜ?

    ほとんど多くの人にとって寒いより暖かいほうが良いでしょうが、代謝という点で考えると実は寒いほうが良か…
  2. 2015-7-7

    神経新生と二つの因子

    神経新生とは新しく神経細胞が生まれる現象です。20世紀にラモニ・カハールによりニューロン説が…
  3. 2015-6-20

    ミラーニューロンと共感力

    「ミラーニューロン」とは、自分の動作と他人の動作に「ミラー鏡」のように同じような反応をする神経細胞の…
  4. 2015-12-12

    身体活動は運動単位の性質を変えうる

    習慣的な身体活動レベルの変化は、運動単位の収縮の3つの性質、すなわち収縮速度、最大張力、疲労性に影響…
  5. 2015-5-26

    細胞レベルでみる肥満

    ヒトは約60兆個の細胞から構成されていますが、脂肪細胞の数は約300億個と推定されています。…
ページ上部へ戻る