オレキシンというもの。

人は生きるために食事を取らなければなりません。

もちろん生きるためではありますが、それ以上に食事に「楽しみ」「喜び」を感じているからにほかなりません。

そこに関わる神経伝達物質がオレキシンです。

オレキシンという物質はオレキシンニューロンという神経細胞から生み出される物質です。

オレキシンニューロンはホメオスタシスの中枢とも言える視床下部に存在し、摂食行動を促進させる働きを持っています。

ほかにも睡眠と覚醒のコントロール、交感神経の活動を促進させ身体のエネルギー消費を促進させる働きがあります

オレキシンが視床下部で分泌されると筋肉が血液からエネルギーのもとである糖を使うために取り込む速度が最大で約三倍になります。

オレキシンが体内で作られないとナルコレプシー症候群や肥満、糖尿病などを引き起こす原因になります。

脳の報酬系にも関与しており、動機に対してそれが達成されるとオレキシンの分泌が活性化されます。

食べるという行動に対しては「美味しい」「幸せ」と思うことでオレキシンの分泌が促されます。

したがって食事を喜びを感じるだけでも消費エネルギーが上がるということです。

それだけでも痩せやすい体になるということですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-23

    ムーブメントディレクション

    「ムーブメントディレクション」とは、トレーニング動作の方向を意味します。トレーニングでは種目によ…
  2. 2014-10-6

    年をとったときに、脳を守るには?

    年をとった脳を健やかに保つのに一番効果的な方法って知ってますか?意外なんですが、答えは運動で…
  3. 2015-4-15

    間脳の解剖 後編

    トルコ鞍という蝶形骨と後頭骨が縫合してできた骨の土台には下垂体が位置します。下垂体は他のさま…
  4. 2014-11-24

    コレステロールって悪いもの?

    皆さん、コレステロールについてどういうイメージをお持ちですか?多くの方がコレステロールは身体…
  5. 2015-2-4

    トレーニングの方法

    トレーニングの方法にはいくつか種類がありますが、それぞれにはそれぞれの良さがあり、どれも特徴が違いま…
ページ上部へ戻る