人間が人間らしく生きるための装置「前頭葉」

脳の中でも前頭葉は意欲や意思決定、行動に対する抑制といった人間が人間らしく生きるための機能が詰まってる。
猿と人間の大きな違いもここにあると言われている。

では前頭葉の働きとはどのようなものか。

前頭葉の障害では意欲低下、判断力低下、暴力・反社会的行動が生じる。

前頭葉は部位によって機能が分けられるが、

眼窩前頭皮質(OFC:Orbirofrontal Cortex):情的ー感情に関わり情動に影響を及ぼす。
背外側前頭前皮質(DLPFC:Dorsalateral Prefrontal Cortex):認知処理過程に関わり計画を立てるなどの機能に影響を及ぼす。
内側前頭前皮質(MPFC:Medial Prefrontal Cortex):自動活性化に関わり自発的な行動に影響を及ぼす。

これらが総合的に働くことで目標に向けられた行動を起こすことがわかっている。
OFC(情動) → DLPFC(計画)→ MPFC(自発的行動)

これらが障害されるとやる気が出ず計画性がなく自分で動こうとしないアパシーといわれる独特の症状が出現する。

このアパシー。

うつの症状に似ているのだがうつは将来の不安があり、落ち込みとともに意欲が減少するのに対し、アパシーは将来に対して無関心で落ち込みなく行動が低下するのが特徴である。

またもう一つ特徴的な症状として暴力・反社会的行動がある。
他者への攻撃としては2種類あり、直接暴力を加える敵対的攻撃ー反応的(reactive)なものと道具的攻撃ーあらかじめ準備(proactive)に分かれる。
道具に当たるような攻撃では脳ではあらかじめ準備が行われており反応的ではない。
それに対し直接暴力を加える反応的なものは特に準備はなく無計画で行われる。
これには情動に関わる眼窩前頭皮質の影響が示唆される。

人間らしさ、アイデンティティーに影響を与える前頭葉。
その働きにより人間は多くのものを作り出し、現在まで発展してきたと言っても過言ではないだろう。

人が自己中心的な行動のみに走らずに人との協調をとりながら社会を形成したのも、この前頭葉の働きは大きいのであろう。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-12

    アディポサイトカイン

    アディポサイトカインとは、脂肪細胞から分泌され、糖代謝や脂質代謝に影響を与える生理活性物質のことをい…
  2. 2015-2-10

    摂食行動異常とは

    最近、多くの人は自分を太りすぎていると感じており、巷には痩身法に関する情報があふれています。…
  3. 2016-12-17

    連続的持久力と間欠的持久力の乳酸代謝の違い

    長距離走のような一定の強度で長時間運動を継続するものを連続的持久運動といい、サッカーのようなダッシュ…
  4. 2014-9-27

    スポーツマッサージの効果って?

    マッサージには皮膚や筋肉の血行をよくするとともに、マッサージを施した部分だけでなく、全身の血液循環を…
  5. 2015-11-16

    運動後の筋力変化

    種々のタイプの運動後に筋力が変化することはどこでも記載されているように周知の事実です。また、神経…
ページ上部へ戻る