神経ヒスタミンを活性化させる。

咀嚼によって脳内に放出されるヒスタミンは、睡眠ー覚醒サイクル調節機能に関与します。

睡眠と覚醒を適切なリズムによって働かせるために調節する神経伝達物質になります。

神経ヒスタミンは時計遺伝子へ関与するため、神経ヒスタミンの低下と食行動の概日リズムの破綻は関連が見られ、神経ヒスタミンは食行動の概日リズムの調節に強く関与します。

他にも、摂食抑制作用や脂肪組織分解作用、褐色脂肪細胞のUCP1発現亢進を介してエネルギー消費作用を有しています。

末梢投与したヒスタミンは、血液脳関門を通過できず、抗肥満作用を発揮できません。

ヒスタミンの活性には、咀嚼運動が有効ですが、これは咀嚼によって生じる口腔内固有感覚が神経ヒスタミンの駆動信号として機能しているからになります。

したがって、咀嚼により満腹中枢を刺激するだけではなく、体内時計の調節、脂肪分解、熱産生、エネルギー消費を促すことが出来ると考えることが出来ます。

ご飯を食べるときはよく噛みましょうというのはこれらのことがあるからです。

早食いなんてもってのほかですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-2

    さまざまな視点でみた「よい姿勢」

    よい姿勢、わるい姿勢を判断する基準は、どのような視点でみるのかによって異なります。力学的には…
  2. 2015-8-15

    リンパの産生と輸送

    組織間隙とは各組織において細胞と細胞の間の部分である。この部位は,膠原線維や弾性線維といった線維…
  3. 2015-8-4

    筋・筋膜痛について

    筋痛には、運動に伴う筋痛や、反射性筋収縮による筋痛、筋筋膜性疼痛症候群、線維性筋痛症候群、緊張による…
  4. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  5. 2014-11-13

    筋力トレーニングは身体を硬くする?

    『筋トレをすると体が硬くなるの?』と聞かれることがあります。うそ?ほんと?筋肉隆々の…
ページ上部へ戻る