神経ヒスタミンを活性化させる。

咀嚼によって脳内に放出されるヒスタミンは、睡眠ー覚醒サイクル調節機能に関与します。

睡眠と覚醒を適切なリズムによって働かせるために調節する神経伝達物質になります。

神経ヒスタミンは時計遺伝子へ関与するため、神経ヒスタミンの低下と食行動の概日リズムの破綻は関連が見られ、神経ヒスタミンは食行動の概日リズムの調節に強く関与します。

他にも、摂食抑制作用や脂肪組織分解作用、褐色脂肪細胞のUCP1発現亢進を介してエネルギー消費作用を有しています。

末梢投与したヒスタミンは、血液脳関門を通過できず、抗肥満作用を発揮できません。

ヒスタミンの活性には、咀嚼運動が有効ですが、これは咀嚼によって生じる口腔内固有感覚が神経ヒスタミンの駆動信号として機能しているからになります。

したがって、咀嚼により満腹中枢を刺激するだけではなく、体内時計の調節、脂肪分解、熱産生、エネルギー消費を促すことが出来ると考えることが出来ます。

ご飯を食べるときはよく噛みましょうというのはこれらのことがあるからです。

早食いなんてもってのほかですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-26

    細胞レベルでみる肥満

    ヒトは約60兆個の細胞から構成されていますが、脂肪細胞の数は約300億個と推定されています。…
  2. 2015-6-16

    食餌による体内時計のリセット

    近年、朝食の欠食や、夜食の摂食は、肥満になりやすいことが知られており、規制正しく朝食・昼食・夕食を摂…
  3. 2015-5-27

    情動の記憶は何処へ

    ヒトは物事を学習し行動を変容させる生き物ですが、それには記憶というものが大きく関わっています。…
  4. 2015-6-5

    筋小胞体の機能低下による筋疲労とは

    筋が発揮する張力は筋形質内の遊離Ca2+濃度により制御されています。骨格筋では、筋小胞体がこ…
  5. 2016-2-11

    関節軟骨とその特性

    関節の運動は滑液の拡散を促進し軟骨への酸素や栄養の供給を促すことで軟骨の維持に関与します。…
ページ上部へ戻る