歳をとってからでも筋肉トレーニングをしたら効果は出るのでしょうか??

高齢者でもしっかりと筋トレを行えば筋肉量、筋力は大きく増加させることが可能です。
そして、その増加率は若者とそれほど変わらないのです。

筋トレを行っている人、水泳を行っている人、ランニングを行っている人の筋機能を比較すると、筋トレ群では、筋力、筋横断面積(筋量)、単位断面積当たりの筋力(主に神経系の能力によるとされる)、筋短縮速度のいずれにおいても他の群よりも値が高く、20歳代の平均と差がないといわれています。
対して水泳群、ランニング群での値は同年代の運動を行っていない人とほとんど差がありません。

もちろん、これらの運動も若々しい元気なカラダを保つ上で有効ではありますが、高齢者の筋肉を肥大させ、高い筋力を得るにはやはり筋肉に直接強い負荷をかける筋トレが最も効果的ということになります。
高齢になっても若年時と「まったく変わらない身体」を維持するのは無理かもしれません。

しかし、いくつになっても鍛えれば肉体を変えることができることは多くの研究結果からも支持されています。

<高齢者でも高負荷のトレーニングが必要>
1980年くらいまでは「高齢者は筋力トレーニングを行っても筋力はある程度増強するものの筋肥大はほとんど起こらない」との考えが主流でした(神経系の改善である程度向上する筋力増加は筋肉を形態から変える筋肥大よりも容易におこります)。

高齢者における筋トレの筋肥大効果が認められるようになったのは、高齢者においても若年者と同様の80%1RM程度の高負荷の筋力トレーニングの実験が増えてきた1990年くらいからのことです。

筋肥大の効果を得るには少なくとも60~70%1RM以上のトレーニング負荷が必要となることは高齢者においても若年者と同様に当てはまると考えられます。
いつまでも逞しい肉体を目指すなら、若者と同等の本格的なトレーニングをみっちり行う必要があるということになるでしょう。

しかしながら、若年者と同等の筋トレの効果が得られるとはいえ、高齢者と若年者の体は同じではありません。
怪我や心臓血管系の事故に対するリスクは当然高くなるでしょうし、疲労に対する耐性も変わってくると思われます。
若者と同等のハードトレーニングを問題なくこなせる方もいらっしゃると思いますが、あまり無理をすることはお勧めできません。
痛みや疲労などの様子を見ながら無理のない範囲で行っていきましょう。

高齢になっても効果があるのは嬉しいことですね!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-30

    トレーニングプログラム

    理想の身体を作るために様々な方法があると思いますが、トレーニングを行い筋肉をつけてメリハリのある身体…
  2. 2015-3-19

    脂肪とは何か?

    健康面でも美容面でも「脂肪」という名前が出ていますが、そもそも脂肪とはなんでしょうか。お腹の…
  3. 2016-3-7

    関節唇が障害されやすいのはなぜか。

    関節唇は肩関節の構成要素の中でも、肩の病変に含まれることが多い部位になります。これには、肩の…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-1-14

    ウイルスと細菌

    ウイルスと細菌、なんとなく同じもののように思いますが、実は全く違うものです。まず、感染症を簡…
ページ上部へ戻る