歳をとってからでも筋肉トレーニングをしたら効果は出るのでしょうか??

高齢者でもしっかりと筋トレを行えば筋肉量、筋力は大きく増加させることが可能です。
そして、その増加率は若者とそれほど変わらないのです。

筋トレを行っている人、水泳を行っている人、ランニングを行っている人の筋機能を比較すると、筋トレ群では、筋力、筋横断面積(筋量)、単位断面積当たりの筋力(主に神経系の能力によるとされる)、筋短縮速度のいずれにおいても他の群よりも値が高く、20歳代の平均と差がないといわれています。
対して水泳群、ランニング群での値は同年代の運動を行っていない人とほとんど差がありません。

もちろん、これらの運動も若々しい元気なカラダを保つ上で有効ではありますが、高齢者の筋肉を肥大させ、高い筋力を得るにはやはり筋肉に直接強い負荷をかける筋トレが最も効果的ということになります。
高齢になっても若年時と「まったく変わらない身体」を維持するのは無理かもしれません。

しかし、いくつになっても鍛えれば肉体を変えることができることは多くの研究結果からも支持されています。

<高齢者でも高負荷のトレーニングが必要>
1980年くらいまでは「高齢者は筋力トレーニングを行っても筋力はある程度増強するものの筋肥大はほとんど起こらない」との考えが主流でした(神経系の改善である程度向上する筋力増加は筋肉を形態から変える筋肥大よりも容易におこります)。

高齢者における筋トレの筋肥大効果が認められるようになったのは、高齢者においても若年者と同様の80%1RM程度の高負荷の筋力トレーニングの実験が増えてきた1990年くらいからのことです。

筋肥大の効果を得るには少なくとも60~70%1RM以上のトレーニング負荷が必要となることは高齢者においても若年者と同様に当てはまると考えられます。
いつまでも逞しい肉体を目指すなら、若者と同等の本格的なトレーニングをみっちり行う必要があるということになるでしょう。

しかしながら、若年者と同等の筋トレの効果が得られるとはいえ、高齢者と若年者の体は同じではありません。
怪我や心臓血管系の事故に対するリスクは当然高くなるでしょうし、疲労に対する耐性も変わってくると思われます。
若者と同等のハードトレーニングを問題なくこなせる方もいらっしゃると思いますが、あまり無理をすることはお勧めできません。
痛みや疲労などの様子を見ながら無理のない範囲で行っていきましょう。

高齢になっても効果があるのは嬉しいことですね!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-3-14

    女性スポーツ選手と前十字靭帯損傷のリスク

    女性スポーツ選手は、同じ種目で類似レベルのプレーしている男性と比べると、ACL損傷に発生率は3〜5倍…
  2. 2016-5-31

    膝の関節周辺防御機構

    膝の関節周辺防御機構とは、主に3つの靭帯組織系によって構成されます。内側側副靭帯(MCL)、…
  3. 2016-1-16

    中枢神経系と内部モデル

    これまでのさまざまな神経活動の研究から、中枢神経系にはさまざまな感覚受容器配列と対応する内的表現、す…
  4. 2017-5-15

    暑熱順化と運動トレーニングの影響

    私たちが運動トレーニングを続けたり、暑熱環境にたびたびさらされると、深部体温や皮膚温が上昇して発汗す…
  5. 2015-7-20

    滑液の特性

    滑液は滑膜関節のほか、滑液包や腱鞘に存在します。滑膜関節における滑液は透明、もしくは淡い黄色で粘…
ページ上部へ戻る