脳は動作パターンを記憶し、引き出します。
脳には適切な学習機会を与えることで、変化させることができます。
機能不全を呈した動作パターンを見つけた際は、このパターンは何らかの理由で身につき、強固なものになったと捉えます。
機能不全を呈した動作パターンは他の機能的な動作パターンと一緒に繰り返し使われており、脳には機能的ではない動作パターンの価値が植えつけられています。

脳を変化させるためには、ある動作パターンを止めさせ、その代わりに別の動作パターンを行わせます。

動作は繰り返し行う行動の一部として記憶されたパターンに基づいています。
良い行動は意識下のコントロールによるものです。動作パターンを変えようとするのであれば、意識的及び意識下の感覚ー運動の相互関係を改善させるような環境を整える必要があります。

脳からの感覚入力は完璧な運動出力よりも重要です。
乳幼児の動作は滑らかでコントロールされた正しい動きではないが、記憶を形成し洗練させることでモーターコントロール(運動制御)を
日々上達させています。
1回1回の成功が動作パターンを改善し、記憶を洗練させます。
毎日の記憶が引き出され、動作のパターンが強化されていきます。
乳幼児に動作を指導するば、感覚と運動の相互関係を阻害してしまうだろう。

動作学習を促進させる最善の方法は、より建設的な感覚体験を与え、明確な目標を設定することである。
そうでなければ、基礎的な動作パターンをコントロールするには細心の注意を払わなければいません。
動作パターンを作ることはできないが、発達を促すことはできるという事実を認識する必要があります。

基礎的な動作パターンの多くは記憶のどこかに存在するものの、何らかの理由で変化してしまっています。
重要なことは、動作パターンに改善の余地があるかを判断することです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-10-1

    赤血球と貧血の関係性を考える。

    赤血球の中にはヘモグロビンがあり、これが酸素の受け渡しをする本体になります。「貧血」とは抹消血液の中…
  2. 2017-3-26

    筋トレにおける呼吸の重要性

    筋トレにおける呼吸の重要性は血圧と酸素の供給という2つの側面から理解することが大切になります。…
  3. 2014-12-8

    老化を左右するテロメア

    昔から、老化の予防には運動といいます。実際に、習慣的に運動している方は、日常生活動作や身…
  4. 2017-2-4

    ケトルベルで筋肉のバランスを整える

    ケトルベルはダンベルやバーベルとは違い重量が一方向に偏っています。この特徴により、身体に高負…
  5. 2017-1-24

    トレーニングの効率を上げるコアコントロール

    「コア」は体幹周辺をさす言葉で、頭、腕、脚を除いた胴体部分をさします。このコアの動きを担って…
ページ上部へ戻る