一般的に言われる身体が軟らかいことと、動きが柔らかいということは違います。

たまたま前屈や後屈ができても、それがただ単に“ゆるい”という意味での軟らかさであれば、技術として使える、動きの軟らかさにはならないのです。

動きの柔らかさとは、身体の部位が繋がり、連動してこそ生まれるからです。

人の身体の関節とその付近の腱や筋肉をネジのようにイメージしてみます。

全てのネジが緩みきっていたら、ぐにゃぐにゃの身体になります。

これが単に“ゆるい”という意味での軟らかい状態です。

ネジが緩みきっているので、繋がりなくバラバラな力です。繋がりがないのでしなりが生まれません。

動くときに緩んだネジの代わりに筋肉をか硬めてしまう為、動きが硬くなるのです。

もちろん反対にネジが締まり過ぎてしまえば、ガチガチのロボットのような状態になるので、しなやかには動けません

。だから程よくネジを調整することが大切なのです。緩みきったネジは締め、固まったネジは緩める。

程よく遊びのあるネジの状態をつくること。これが動きの柔らかさをつくる必須条件なのです。

では、具体的な動きについて考えていきます。

誰もがやったことのあるストレッチ、座った体勢からの前屈をポーズ(止まった姿勢)ではなく、<動き>として考えてみます。

人の骨組みというのは実に良くできていて、人が人として動くのに最適な構造をしているのです。

その中で<動く>ということで最重要なパーツの一つが骨盤です。

例えば、車椅子で考えてみます。

下半身が不自由な人が車椅子に腰掛けると、その重さを支えながら大きな車輪が前進、後進を行っています。

立った歩行する人間の骨盤も、この車輪と同じ働きをしています。

骨盤の車輪を後退させると腰が落ち、背中は丸まり後ろ重心となり、前屈がきつくなります。

反対に骨盤の車輪を前進させると背骨は上昇します。

さらに前進させると、二つ折り携帯のように状態は自然に前に倒れます。

あくまで骨盤の車輪の動きに連動して上半身と下半身を丁寧に繋げて動かすので、身体を前に前に倒そうという意識ではなく、骨盤の動きから連動した上半身の動きと捉えることが重要です。

「形」ではなく「動き」、「軟らかい」ではなく「柔らかい」。

このように全ての身体の動きは、動作の連なりや繋がりによってなりたっています。

そしてそれこそが、動きの柔らかさの最大の鍵です。

繋がりがスムーズであることが、動きの柔らかさを生み出してくれるのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-14

    持久力の種類

    ひとくちに持久力といってもいくつかの種類があります。1つは、「有酸素性持久力」であり、これは…
  2. 2015-9-1

    コンパートメント症候群の急性症状と慢性症状

    コンパートメント症候群は、コンパートメント内の圧力が局所の動脈圧を超えた状態で発生し、筋および神経の…
  3. 2014-11-26

    人間は・・・チクワ!?

    人は生きるために食事を取るわけですが、その食物はそのままの形で体内に入るわけではありません。…
  4. 2015-4-2

    筋のガーディングとは

    筋のガーディングとは、痛み刺激に反応する筋の持続的収縮であり、防御的に体が過度に動くのを防ぐためのサ…
  5. 2017-1-31

    分厚い胸板をつくるために

    厚い胸板はトレーニングをする人、特に男性には憧れの存在です。ここが薄いとスーツやTシャツもか…
ページ上部へ戻る