一般的に言われる身体が軟らかいことと、動きが柔らかいということは違います。

たまたま前屈や後屈ができても、それがただ単に“ゆるい”という意味での軟らかさであれば、技術として使える、動きの軟らかさにはならないのです。

動きの柔らかさとは、身体の部位が繋がり、連動してこそ生まれるからです。

人の身体の関節とその付近の腱や筋肉をネジのようにイメージしてみます。

全てのネジが緩みきっていたら、ぐにゃぐにゃの身体になります。

これが単に“ゆるい”という意味での軟らかい状態です。

ネジが緩みきっているので、繋がりなくバラバラな力です。繋がりがないのでしなりが生まれません。

動くときに緩んだネジの代わりに筋肉をか硬めてしまう為、動きが硬くなるのです。

もちろん反対にネジが締まり過ぎてしまえば、ガチガチのロボットのような状態になるので、しなやかには動けません

。だから程よくネジを調整することが大切なのです。緩みきったネジは締め、固まったネジは緩める。

程よく遊びのあるネジの状態をつくること。これが動きの柔らかさをつくる必須条件なのです。

では、具体的な動きについて考えていきます。

誰もがやったことのあるストレッチ、座った体勢からの前屈をポーズ(止まった姿勢)ではなく、<動き>として考えてみます。

人の骨組みというのは実に良くできていて、人が人として動くのに最適な構造をしているのです。

その中で<動く>ということで最重要なパーツの一つが骨盤です。

例えば、車椅子で考えてみます。

下半身が不自由な人が車椅子に腰掛けると、その重さを支えながら大きな車輪が前進、後進を行っています。

立った歩行する人間の骨盤も、この車輪と同じ働きをしています。

骨盤の車輪を後退させると腰が落ち、背中は丸まり後ろ重心となり、前屈がきつくなります。

反対に骨盤の車輪を前進させると背骨は上昇します。

さらに前進させると、二つ折り携帯のように状態は自然に前に倒れます。

あくまで骨盤の車輪の動きに連動して上半身と下半身を丁寧に繋げて動かすので、身体を前に前に倒そうという意識ではなく、骨盤の動きから連動した上半身の動きと捉えることが重要です。

「形」ではなく「動き」、「軟らかい」ではなく「柔らかい」。

このように全ての身体の動きは、動作の連なりや繋がりによってなりたっています。

そしてそれこそが、動きの柔らかさの最大の鍵です。

繋がりがスムーズであることが、動きの柔らかさを生み出してくれるのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-24

    大脳皮質の地図

    皆さん、脳に地図があることは知っていますか?もちろん脳に地図が描かれているわけではありませんが、…
  2. 2015-6-26

    骨盤の傾きと腰部などの身体への負担

    骨盤前傾が大きい(腰椎部伸展位)姿勢では、腰部が反りすぎてしまうので、椎間関節や棘突起など椎骨の後部…
  3. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  4. 2017-2-18

    体力基盤を向上させる基礎的トレーニング

    基礎的トレーニングとは、すべてのスポーツに必要とされる体力基盤を向上させるための基礎的なトレーニング…
  5. 2014-9-27

    スポーツマッサージの効果って?

    マッサージには皮膚や筋肉の血行をよくするとともに、マッサージを施した部分だけでなく、全身の血液循環を…
ページ上部へ戻る