女性ホルモン「エストロゲン」

若さを保つ為に必要なホルモンのひとつに「エストロゲン」といわれるものがある。
いわゆる女性ホルモンである。
男性の場合、エストロゲンの量は他のホルモンと同じように少しずつ減少していくが、女性の場合、閉経前後の10年間で急激に減少することがわかっている。
これに伴い、ホットフラッシュや手足のひえ、不眠や抑うつ、更年期障害などが起こるとされている。

さらに更年期障害から少し経つと、今度は骨粗しょう症や心疾患などが発症しやすくなる。

この「エストロゲン」。
血管を保護する作用をもち、エストロゲンが不足すると動脈硬化を促進し、心疾患のリスクが高まると報告されている。

骨に対しては、古い骨を溶かす「破骨細胞」と新しい骨を作る「骨芽細胞」の働きにより絶えず骨代謝が行われているが、「エストロゲン」には破骨細胞を減らし、骨芽細胞を増やす働きもある。

だからこそ「エストロゲン」が不足すると、骨を作る作業が骨を壊す作業に追いつかなくなり、結果として骨粗しょう症が発症する。

「エストロゲン」はホルモンなので自律神経系のバランス調整を受ける。

なので、規則正しい生活を慣行し、リラックスすることで自律神経をコントロールしたり、軽い運動を行って代謝をあげたりすることで、結果的にホルモン分泌を増やすことが可能になる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-15

    筋肉を肥大させるストレス

    私たちの身体が強くなるためにはストレスが必要です。例えば、寒い中薄着で過ごす習慣をおくっていると…
  2. 2017-2-9

    小学生や中学生のトレーニング

    小学生から中学生にかけての成長期は、骨が大きく成長し身長が急激に伸びる時期にあたります。この…
  3. 2016-5-23

    距骨下関節の適合と不適合

    距骨下関節には関節の適合肢位が1つだけ存在します。それは中間位で、このとき足部は距骨に対し真…
  4. 2015-9-21

    身体動揺と防御反応

    人間が立位姿勢を保持している時、突然、床面が水平に移動したり、肩甲帯や骨盤帯を押されると、重心線は安…
  5. 2015-6-16

    食餌による体内時計のリセット

    近年、朝食の欠食や、夜食の摂食は、肥満になりやすいことが知られており、規制正しく朝食・昼食・夕食を摂…
ページ上部へ戻る