女性ホルモン「エストロゲン」

若さを保つ為に必要なホルモンのひとつに「エストロゲン」といわれるものがある。
いわゆる女性ホルモンである。
男性の場合、エストロゲンの量は他のホルモンと同じように少しずつ減少していくが、女性の場合、閉経前後の10年間で急激に減少することがわかっている。
これに伴い、ホットフラッシュや手足のひえ、不眠や抑うつ、更年期障害などが起こるとされている。

さらに更年期障害から少し経つと、今度は骨粗しょう症や心疾患などが発症しやすくなる。

この「エストロゲン」。
血管を保護する作用をもち、エストロゲンが不足すると動脈硬化を促進し、心疾患のリスクが高まると報告されている。

骨に対しては、古い骨を溶かす「破骨細胞」と新しい骨を作る「骨芽細胞」の働きにより絶えず骨代謝が行われているが、「エストロゲン」には破骨細胞を減らし、骨芽細胞を増やす働きもある。

だからこそ「エストロゲン」が不足すると、骨を作る作業が骨を壊す作業に追いつかなくなり、結果として骨粗しょう症が発症する。

「エストロゲン」はホルモンなので自律神経系のバランス調整を受ける。

なので、規則正しい生活を慣行し、リラックスすることで自律神経をコントロールしたり、軽い運動を行って代謝をあげたりすることで、結果的にホルモン分泌を増やすことが可能になる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-2-21

    卵円孔開存と片頭痛

    心臓は4つの部屋からなっており、まず縦の壁である心房中隔と心室中隔によって完全に左右に分けられます。…
  2. 2015-3-23

    感覚としてのカラダ

    感覚器官は外界の情報をキャッチし、逃げる、捕まえるといった生存に必要な動きを能率よく実行するのに役立…
  3. 2015-12-2

    脂質摂取と代謝

    食物として脂質が摂取されると、小腸上皮から吸収されます。食物中の脂質はほとんど中性脂肪ですが、小…
  4. 2016-12-10

    トレーニングを行うときの3つの筋反射

    身体の可動域をあげる為などトレーニングをする時に起こりえる筋反射が3つあります。それは、「伸…
  5. 2014-10-18

    足の機能解剖を考える。

    「足」は一般的には足関節と足部が含まれ、1つの機能ユニットとして考えられています。足は脛骨と…
ページ上部へ戻る