女性ホルモン「エストロゲン」

若さを保つ為に必要なホルモンのひとつに「エストロゲン」といわれるものがある。
いわゆる女性ホルモンである。
男性の場合、エストロゲンの量は他のホルモンと同じように少しずつ減少していくが、女性の場合、閉経前後の10年間で急激に減少することがわかっている。
これに伴い、ホットフラッシュや手足のひえ、不眠や抑うつ、更年期障害などが起こるとされている。

さらに更年期障害から少し経つと、今度は骨粗しょう症や心疾患などが発症しやすくなる。

この「エストロゲン」。
血管を保護する作用をもち、エストロゲンが不足すると動脈硬化を促進し、心疾患のリスクが高まると報告されている。

骨に対しては、古い骨を溶かす「破骨細胞」と新しい骨を作る「骨芽細胞」の働きにより絶えず骨代謝が行われているが、「エストロゲン」には破骨細胞を減らし、骨芽細胞を増やす働きもある。

だからこそ「エストロゲン」が不足すると、骨を作る作業が骨を壊す作業に追いつかなくなり、結果として骨粗しょう症が発症する。

「エストロゲン」はホルモンなので自律神経系のバランス調整を受ける。

なので、規則正しい生活を慣行し、リラックスすることで自律神経をコントロールしたり、軽い運動を行って代謝をあげたりすることで、結果的にホルモン分泌を増やすことが可能になる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-25

    慢性疲労の状態が引き起こすオーバートレーニング症候群

    スポーツ活動で生じた生理的な疲労が、十分な回復の過程をとることが出来ずに積み重なってその結果として慢…
  2. 2017-1-21

    有酸素的運動

    有酸素的運動と筋線維タイプ脊柱起立筋や中殿筋をはじめとする長時間にわたる持続的な姿勢…
  3. 2015-9-18

    無酸素性エネルギー

    身体運動は、筋収縮によって行われます。筋の収縮と弛緩にかかわる直接的なエネルギーはATPです…
  4. 2017-1-10

    神経・筋に対するトレーニングの効果

    トレーニングで用いる負荷の大きさや、動作様式に応じて神経や筋肉にさまざまな適応を引き起こします。…
  5. 2015-8-11

    筋持久力とエネルギー供給

    持久力とは、運動を持続できる能力のことで、疲労に対する抵抗力とも言えます。筋持久力を決定する…
ページ上部へ戻る