壊せるからこそ治せる

古い時代の道場では、弟子の怪我は道場の恥とされてきました。
弟子に怪我をさせるような稽古の仕方、教え方しかできないできない柔術家は恥ずかしいというのが当時の常識です。
そして、怪我をした弟子を治せないような師は更に恥ずかしいとされてきました。

それでもお互いに真剣に技を掛け合えばどうやっても体に歪みや乱れが起きます。
ほんの少しずつ重なっていく歪みや乱れが積もり積もって大きくなると、次第に傷害がでてきます。
これを現在ではスポーツ傷害と呼び、古流の時代には遠身の当(とおみのあて)と呼んでいました。

古流が現代スポーツと違うのは、この状態を治す術を知っていたことです。

現代よりもはるかに長い時間行っていたであろう道場稽古の後に丹念に行われていたのが「導引術」と呼ばれるもので、張りつめた筋肉を全身くまなく弛めていきます。
簡単に関節を砕くほどの知識がから可能となる柔術独自の活法です。
壊す道筋を知り使いこなすことができるからこそ、反対の道筋を辿り修復することができるのです。

たとえば骨折に関して古流の手技は、手の感触で詳細に見分け、添え木を当てて治療します。
これに対して西洋医学は、レントゲンで骨折を診てつないだら、ギブスで固定します。
古流手技でつないだ骨は、翌日も手の感触でつないだ骨折を再び診て、1日の生活でずれた箇所をまた修正します。
毎日のそのズレを少しずつ感じて修正するから、骨が完全に寄り、くっ付く時には少しのズレいもない。
これは先人の職人芸ともいえます。

こういった治療技術をもった人たちがいた昔の日本は、医療大国でした。
現代のように病院が町や村にはあったわけではないです。
しかし町や村には必ず柔術家がいました。
柔術家は巧みな技で町や村に住む人たちの健康に貢献していたのです。
今みたいに病気になってから医者に行って薬や注射で治療するわけではなく、悪い状態に身体がいかないような知恵を柔術は活法としてもっていました。
柔術家たちがこの日本を健康大国として影で支えていたということがわかります。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-11

    フレイルという概念

    人間は年齢を重ねるにつれて身体機能が落ちてきます。そしてそれをそのままにしておくとQOL、A…
  2. 2015-8-8

    随意運動と筋

    骨格筋は身体を支え、身体運動を起こす力源として機能しています。骨格筋は、中枢神経系で形成され…
  3. 2015-10-17

    ポッピングサルコメア仮説とは

    オーストラリアの電気技師David Morganは、遠心性収縮に伴う筋損傷について、損傷をもたらすの…
  4. 2015-12-29

    関節包内運動と固定の位置・ゆるみの位置

    関節には、その角度によって固定の位置(close−packed position)とゆるみの位置(o…
  5. 2014-10-18

    足の機能解剖を考える。

    「足」は一般的には足関節と足部が含まれ、1つの機能ユニットとして考えられています。足は脛骨と…
ページ上部へ戻る