体操という身体文化

体操と聞く思い浮かぶのがラジオ体操かと思われます。夏休みに子供に早起きをさせるため形式的な行為で、たいして役に立たないと思われているラジオ体操も最近はまじめにやれば結構ハードな運動になるということの意外性で人気になっていて多くの人が学校や職場でやっています。ラジオ体操は究極のエクササイズだと謳う人もいるくらいです。

もともと体操は、近代化を急いだ明治政府が輸入して、日本に似合わないままお仕着せたものでした。明治になるまで人は生活や労力の中で、あるいは芸術の稽古を通じて鍛えられるのが当然であって、それらから切り離して‘身体を鍛える’ということはしなかったのです。剣の素振りは剣の扱いの稽古であって、腕力を鍛えるためにすることではないとされてきました。しかし体操は、具体的な行為から切り離された純粋な運動として行われています。それが当時の人にはにわかに理解しがたく、なかなか浸透はしなかったとのです。

さらに当時の体操の基本姿勢は、背を伸ばせ、胸を張れ、肩を引け、尻を引け、膝を伸ばせといった堅張った姿勢と運動形式をとっていたのですが、その姿勢が胸にのみ要点をとっていたため背骨が伸び平背になり腰が折れて腹の力が抜け、かえって身体に負担になるということがわかり、体操への反発も生じ、明治末頃から民間で次々と新しい体操が創案されるようになりました。その中でも特に静坐法の岡田虎二郎、息芯調和道の藤田霊斎、強健術の肥田春充などは、胸を中心とする西洋式の体操でわなく、腹を中心とする体操こそが日本時にはふさわしいと主張し、今現在でも伝わっています。

このように身体や人生についての考え方が違えば、考察される体操も違ってきます。鍛錬の意味も、目指すところも、さまざまです。しかしそこにこそ体操の面白さがあると思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-4

    神経分離可能性の原理

    運動の遂行には、様々な感覚情報が関与します。心理的要因も例外ではありません。運動の制…
  2. 2015-5-22

    アルコール代謝によるRedox Shiftとは

    ダイエットはしているけどお酒は飲む。ダイエットをしている方のなかにもこういった方がいるのでは…
  3. 2014-12-10

    たとえ休日でも寝だめはダメなんです

    普段平日の睡眠不足に悩まされている方に採用されがちな解消法として「寝だめ」というものがあります。…
  4. 2017-1-26

    代謝環境を利用して脳を刺激する

    筋肉を動かし力を出すためには、ATPという物質のエネルギーが必要です。これは、あらかじめ大量…
  5. 2015-5-15

    ADLを考える。

    ADLとはActivities of daily livingの略で日常生活動作と訳されます。…
ページ上部へ戻る