当たり前ですが運動効果を得るには運動をしなければなりません。

運動をするのは楽しいことですが、同時にきつさ、つらさというのも味わうことになります。

もちろん、それは悪いものではなく、むしろそれがなければ運動じゃないという方もいるでしょう。

しかし、それでも一度は「楽して運動効果を得たい」と思うものです。

トレーニングにつきものの苦痛や、汗をかくことすらなく健康になれるのならそれに越したことはありませんが、そんな魅力的な話はありません。

しかし、2008年にある生物医学の研究機関が発表した研究結果は、それに近いものでした。

運動と同じ効果のある錠剤を開発した、というものです。

実験用のマウスにAICARと呼ばれる薬を4週間与えたところ、薬を与えないマウスより、44%も長い距離を走れることがわかったのです。

もちろんマウスには運動はまったくさせていません。

『運動と同じ効果のある錠剤を開発した』というこの発表は多くの研究者から批判を浴びました。

運動は、身体のほぼすべての器官系(循環系、神経系、内分泌系、消化器系、免疫系、腎臓、骨、骨格筋、靭帯など)に影響を与えます。

批判の主な論拠は、これらすべての器官系に変化を引き起こすことができない限り、運動の代わりとはいえないというものです。

さらにいえば、44%長く走れたからといって、それだけで健康になれるわけではなく、運動効果は44%長く走り、カロリーを燃やせることでしか得られません。

また、運動のもつすべてのメリットを模した薬を作り出すことは、ほぼ不可能に近いと考えられています。

それだけ運動は何ものにも代え難く、そしてその効果は素晴らしいのです。

運動を楽しみ、もしそんな薬が出来たとしても、必要ないというぐらいにまでなりたいものですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-4-10

    運動学習とフィッツの三相説

    人間発達は遺伝と環境、あるいは成熟と学習の相互作用という視点から理解されてきています。中枢神…
  2. 2016-2-11

    関節軟骨とその特性

    関節の運動は滑液の拡散を促進し軟骨への酸素や栄養の供給を促すことで軟骨の維持に関与します。…
  3. 2015-5-25

    水の飲み過ぎによる水中毒とは

    これからの季節、これまでより水分摂取の量が増えてくるかと思いますが、過度の水分摂取には気をつけないと…
  4. 2015-8-16

    ストレスと下垂体 – 副腎系

    生体にストレスが加わると、さまざまな変化が起こります。生体へのストレス負荷により、視床下部―…
  5. 2015-6-30

    非特異的防御機構と特異的防御機構

    私たちの身体を守る防御機構は2段階用意されています。それが非特異的防御機構と特異的防御機構で…
ページ上部へ戻る