当たり前ですが運動効果を得るには運動をしなければなりません。

運動をするのは楽しいことですが、同時にきつさ、つらさというのも味わうことになります。

もちろん、それは悪いものではなく、むしろそれがなければ運動じゃないという方もいるでしょう。

しかし、それでも一度は「楽して運動効果を得たい」と思うものです。

トレーニングにつきものの苦痛や、汗をかくことすらなく健康になれるのならそれに越したことはありませんが、そんな魅力的な話はありません。

しかし、2008年にある生物医学の研究機関が発表した研究結果は、それに近いものでした。

運動と同じ効果のある錠剤を開発した、というものです。

実験用のマウスにAICARと呼ばれる薬を4週間与えたところ、薬を与えないマウスより、44%も長い距離を走れることがわかったのです。

もちろんマウスには運動はまったくさせていません。

『運動と同じ効果のある錠剤を開発した』というこの発表は多くの研究者から批判を浴びました。

運動は、身体のほぼすべての器官系(循環系、神経系、内分泌系、消化器系、免疫系、腎臓、骨、骨格筋、靭帯など)に影響を与えます。

批判の主な論拠は、これらすべての器官系に変化を引き起こすことができない限り、運動の代わりとはいえないというものです。

さらにいえば、44%長く走れたからといって、それだけで健康になれるわけではなく、運動効果は44%長く走り、カロリーを燃やせることでしか得られません。

また、運動のもつすべてのメリットを模した薬を作り出すことは、ほぼ不可能に近いと考えられています。

それだけ運動は何ものにも代え難く、そしてその効果は素晴らしいのです。

運動を楽しみ、もしそんな薬が出来たとしても、必要ないというぐらいにまでなりたいものですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-31

    sensori-motor integration

    我々が自由に身体を移動させ、手でものをつかみ、投げ、道具を作り、操ることができるのは、全身に備わって…
  2. 2017-3-16

    エクササイズのステップアップ

    ケガをさせない身体づくりで重要なコンセプトは⓵「姿勢」「動作」「筋活動」の最適化、⓶至適な負荷強度、…
  3. 2016-12-25

    慢性疲労の状態が引き起こすオーバートレーニング症候群

    スポーツ活動で生じた生理的な疲労が、十分な回復の過程をとることが出来ずに積み重なってその結果として慢…
  4. 2015-1-10

    3つの動きが生み出す可能性

    今日は、重力や引力コリオリ力などの物理的法則を適応させ身体を整える、三軸修正法について書いていこうと…
  5. 2014-12-4

    エネルギーを出し入れするホルモン

    ヒトのカラダは寝ても覚めても常にエネルギーを消費し続けています。だから、エネルギー源となるぶどう…
ページ上部へ戻る