太極拳における立禅鍛錬法

最近よく公園や体育館で太極拳をやっている方を見かけます。

Img214755101

太極拳を練習する理由は様々だと思います。治癒や健康維持を目的とする人もいれば、太極拳は最強の格闘アートで、たとえ深夜路上で突然襲撃されてもすくってくれるものだと信じている人もいます。
またエレガントな動きに魅了されて練習する人もいます。
だからといって練習すれば即そういった効果がでるものではないですし、太極拳のポーズそのものに秘密があるわけではないです。
長時間正しい方法でリラックスを重視し練習を重ねて初めて得られる非身体的エネルギーが奇跡的な効果を心と身体にもたらすのです。

太極拳のエネルギーにはいくつもの種類があり名前も多数あるが極めて重要なエネルギーが一つあります。
それはその他のエネルギーの基礎であって、十分理解しマスターした上で、初めて上級の練習を開始できるといわれるくらい大切なものです。
このエネルギーをポンエネルギーといいます。

energy

【ポンエネルギー】

1、筋力や身体の機械的な動作に結果もたらされるものではない。

2、身体中、地震が起こっているようなもの。

3.動的な力でも抽象的な概念でもない。

4、自動的に自分の身を守る機能がある。

中国武術には、馬歩站樁(スクワット姿勢で腕を前に伸ばす)という足腰を鍛える立禅鍛錬法があります。
しかし太極拳はこういった基本の立禅鍛錬法ではなく一本脚立ちでリラックスして、なおかつ短時間に集約するといった鍛錬法です。
Exif_JPEG_PICTURE

太極拳の立禅鍛錬法には、『フリー、ゼロ、休憩、前脚重心』の型があり、『フリー』は前脚0:後脚10の体重配分で前脚遊脚。
『ゼロ』は前脚0:後脚10で前脚は僅かに地面につける。
『休憩』は、前脚2:後脚8。『前脚重心』は前脚8:後脚2。
この体重配分を理解した上で太極拳の訓練に励むと膨大な『ポンエネルギー』が習得できるとされています。

今日太極拳は、解剖学、力学、テクニック、その他の科学的工学見地から分析されることが多いです。
しかしそれらの分野では解明できないことが多い武術でもあります。
ぜひ、太極拳をただの健康エクササイズと思わず、真剣にやってみてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-9-27

    頭痛にお悩みの方、群発頭痛って知ってますか?

    出産よりも痛いといわれており、心筋梗塞、尿路結石、と並び生きているうちに味わえる三大痛の一つとされて…
  2. 2015-2-17

    スポーツ医学のルーツを知る。

    どの分野でも常に新しい発見があるように、スポーツの世界でも、理論や科学、医学とさまざまな分野で進化を…
  3. 2015-5-19

    かつおぶしに注目!!

    近年では、ダイエットのための低脂肪食品や高栄養価の食品などさまざまな食品が作られています。そ…
  4. 2015-11-25

    ラベンダーによるアロマテラピーについて

    アロマテラピーは芳香療法とも呼ばれ、1920年代にフランスの調香師ガットフォッセが作ったとされていま…
  5. 2015-8-16

    ストレスと下垂体 – 副腎系

    生体にストレスが加わると、さまざまな変化が起こります。生体へのストレス負荷により、視床下部―…
ページ上部へ戻る