ブルーベリーは眼に良いか

PCで作業をしたり、本を読んだりするなどすると、目が疲れてくることがあるかと思います。

目に良いもの、目の疲れに効くものといえばブルーベリーが思い浮かびますが、なぜそう言われているのか、果たして効果はどうなのか、についてお話します。

ブルーベリーに含まれる栄養素の代表的なものにアントシアニンがあります。

このアントシアニンによってブルーベリーが目に良いとされているようですが、アントシアニン自体が直接効果を及ぼすわけではないようです。

目の構成要素で、カメラのフィルムのような働きをする網膜というものがありますが、この網膜において視力に重要な働きをもつロドプシンの再合成を促進するのがアントシアニンになります。

その作用には即効性があり、摂取4時間後には十分な回復が見られ、24時間後には消失します。

長時間の眼の酷使により、ロドプシンが不足気味になってしまいます。

その結果、視覚機能の低下が起きてしまうので、アントシアニンはその予防としても効果を発揮します。

目が疲れたからブルーベリーを摂るのではなく、目を使う作業をする数時間前などに摂る事でその効果がより発揮されます。

とはいっても、視力そのものを回復させるわけではないようです。

ですので「これから眼を使うぞ」というようなときにブルーベリーを食べるのが良さそうです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-23

    AMPK(AMP活性プロテインキナーゼ)とは

    細胞の中ではさまざまな種類の酵素が生きるための仕事を役割分担しながら行っています。AMPKは…
  2. 2015-1-22

    女性ホルモン「エストロゲン」

    若さを保つ為に必要なホルモンのひとつに「エストロゲン」といわれるものがある。いわゆる女性ホルモン…
  3. 2015-2-15

    筋膜とは何か?

    筋膜とは、その名の通り筋を包む膜のことだが、筋全体を覆っている最外層の筋上膜といくつかの筋線維を束ね…
  4. 2016-1-28

    運動感覚情報と内部モデル

    体性感覚は、内蔵と脳以外の身体組織に存在する受容器の興奮によって生じる感覚のことで…
  5. 2014-10-7

    体脂肪量の調節「レプチン」

    レプチンというホルモンが、体脂肪量の調節において重要な役割を演じています。本来、レプチンは、食欲…
ページ上部へ戻る