ブルーベリーは眼に良いか

PCで作業をしたり、本を読んだりするなどすると、目が疲れてくることがあるかと思います。

目に良いもの、目の疲れに効くものといえばブルーベリーが思い浮かびますが、なぜそう言われているのか、果たして効果はどうなのか、についてお話します。

ブルーベリーに含まれる栄養素の代表的なものにアントシアニンがあります。

このアントシアニンによってブルーベリーが目に良いとされているようですが、アントシアニン自体が直接効果を及ぼすわけではないようです。

目の構成要素で、カメラのフィルムのような働きをする網膜というものがありますが、この網膜において視力に重要な働きをもつロドプシンの再合成を促進するのがアントシアニンになります。

その作用には即効性があり、摂取4時間後には十分な回復が見られ、24時間後には消失します。

長時間の眼の酷使により、ロドプシンが不足気味になってしまいます。

その結果、視覚機能の低下が起きてしまうので、アントシアニンはその予防としても効果を発揮します。

目が疲れたからブルーベリーを摂るのではなく、目を使う作業をする数時間前などに摂る事でその効果がより発揮されます。

とはいっても、視力そのものを回復させるわけではないようです。

ですので「これから眼を使うぞ」というようなときにブルーベリーを食べるのが良さそうです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-24

    膝関節の機能解剖

    膝関節は大きな可動性を有した関節形状をしていて、特に矢状面上での可動域が大きい関節になります。矢…
  2. 2016-1-26

    エコノミークラス症候群について考える

    エコノミークラス症候群とは、海外旅行時などに、飛行機内で長時間同じ姿勢を取り続けることで起こる病気で…
  3. 2016-5-11

    筋線維の壊死と再生

    筋線維の壊死は、細胞膜の破壊から始まります。このとき、細胞膜を裏打ちしているジストロフィンと…
  4. 2015-3-9

    タンパク質のネットバランスとは?

    糖質は運動中の最も重要なエネルギー源になります。たとえばアスリートは試合前の夕食に高糖質…
  5. 2014-11-30

    脂肪細胞がエネルギー源になる過程

    脂肪組織のホルモン感受性リパーゼが活性化されて、中性脂肪(トリグリセリド)が分解され、脂肪酸が血液中…
ページ上部へ戻る