人の姿勢や動作は、骨格や筋膜、関節を支持し、筋系の意識的あるいは無意識的なテンション(張力)によって生み出されています。

神経からのインパルスにより筋が部分的に収縮することで筋トーン(緊張)が引き起こされ、テンションが生じます。
この部分的に収縮した状態が、姿勢や動作の基礎となります。

筋は脳からの指令を待っている弛緩状態でも活動が停止しているのではなく、1日を通して様々なレベルで部分的に活動しています。

姿勢や体勢を変えたり動いたりすると、ある筋はリラックスして伸張し、またある筋は収縮して短縮して、その他の筋の長さは変化しないが、支持や安定化の役割を果たすためにテンションが亢進したり低下したりします。

人は、ある動作パターンや姿勢を繰り返すことで、筋系における血液の循環やグリコーゲンの貯蔵、組織の収縮力などを改善するのと同時に、モーターコントロールに関与する神経系の構成要素も改善しています。

筋のトーンやテンションは可動性や柔軟性の制限、バランスや安定性、モーターコントロールに制限があると筋のトーンの亢進や筋のトーンとテンションの低下に繋がります。

的確な筋トーンとテンションにより、適切なアライメントを維持しながら立ったり動いたりすることが可能となり、効率の悪い筋活動によるエネルギーの損失がない効果的な動作や素早い反応を行うことができます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-28

    トルクコントロール

    トルクとは、筋肉が関節を回す力のことです。それを最適な状態にするのが「トルクコントロール」で…
  2. 2015-2-15

    筋膜とは何か?

    筋膜とは、その名の通り筋を包む膜のことだが、筋全体を覆っている最外層の筋上膜といくつかの筋線維を束ね…
  3. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…
  4. 2016-5-23

    距骨下関節の適合と不適合

    距骨下関節には関節の適合肢位が1つだけ存在します。それは中間位で、このとき足部は距骨に対し真…
  5. 2015-9-23

    呼吸と呼吸中枢と反射

    ヒトは、空気を肺に吸い込んで、その中に約20%含まれている酸素を血液中に取り込み、体内でのATP産生…
ページ上部へ戻る