夜食を食べると太る!?

食事は三食きっちりと、栄養バランスを考えて、など食事にはたくさんの気をつけるべき項目がありますが、夜遅くに食べてはいけないというものもそれにもれなく当てはまります。

夜遅く食べると太ってしまうというのが一番よく言われている事ですが、そうなる原因はいくつもあります。

今日はその中で、BMAL1というタンパク質についてお話しします。

BMAL1(ビーマルワン)は、体内に刻まれている活動リズムが正常に機能するよう調節するタンパク質のひとつです。

他にも脂肪を蓄積させる作用があり、時間帯によってその濃度が変わると言われています。

その濃度が高まった時間帯が夜食の時間帯であり、これが夜食を食べると太ると言われる所以になります。

もちろんBMAL1だけが原因ではないですが、その一角を担っているのは間違いありません。

基本的に時間栄養学的観点からすると体内の活動リズムと肥満は非常に関連するものです。

夜食を食べるということは、規則正しい生活を送れているとは言い難い状況にあると言えます。

生活上、そうならざるを得ないこともあるでしょうが、やはり規則正しく食事をきっちりと摂っていきたいものですね。

関連記事

コメント

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-17

    細胞膜の流動モザイクモデル

    細胞膜は親水性の頭と疎水性の尾からなる両親媒性のリン脂質の二重層からなっています。その両親媒…
  2. 2015-1-26

    オレキシンというもの。

    人は生きるために食事を取らなければなりません。もちろん生きるためではありますが、それ以上に食…
  3. 2015-2-15

    筋膜とは何か?

    筋膜とは、その名の通り筋を包む膜のことだが、筋全体を覆っている最外層の筋上膜といくつかの筋線維を束ね…
  4. 2015-8-9

    大脳と随意運動

    連合野には前頭連合野、頭頂連合野、側頭連合野があります。視覚、体性感覚、前庭・迷路感覚からの…
  5. 2014-10-21

    体幹におけるローカル筋とグローバル筋

    本日は体幹筋について考えてみましょう!「体幹は大事」当たり前のように使われるかもしれ…
ページ上部へ戻る