夜食を食べると太る!?

食事は三食きっちりと、栄養バランスを考えて、など食事にはたくさんの気をつけるべき項目がありますが、夜遅くに食べてはいけないというものもそれにもれなく当てはまります。

夜遅く食べると太ってしまうというのが一番よく言われている事ですが、そうなる原因はいくつもあります。

今日はその中で、BMAL1というタンパク質についてお話しします。

BMAL1(ビーマルワン)は、体内に刻まれている活動リズムが正常に機能するよう調節するタンパク質のひとつです。

他にも脂肪を蓄積させる作用があり、時間帯によってその濃度が変わると言われています。

その濃度が高まった時間帯が夜食の時間帯であり、これが夜食を食べると太ると言われる所以になります。

もちろんBMAL1だけが原因ではないですが、その一角を担っているのは間違いありません。

基本的に時間栄養学的観点からすると体内の活動リズムと肥満は非常に関連するものです。

夜食を食べるということは、規則正しい生活を送れているとは言い難い状況にあると言えます。

生活上、そうならざるを得ないこともあるでしょうが、やはり規則正しく食事をきっちりと摂っていきたいものですね。

関連記事

コメント

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-12-18

    夢の中での出来事

    成人の場合、レム睡眠は総睡眠時間のうち約25%を占めます。実は毎晩約2時間も鮮明な夢をみてい…
  2. 2017-1-22

    運動時間の設定

    中枢の循環系機能を高め、心排出量を増加させるためには、目標心拍数を維持した運動を少なくとも20分間続…
  3. 2015-7-16

    コリン作動性ニューロン

    アセチルコリン acetylcholine (Ach) を神経伝達物質とするニューロンをコリン作動性…
  4. 2015-5-5

    暑熱障害と体液

    生体は水負積(脱水率)の程度に応じて種々の症状を示します。…
  5. 2015-1-9

    内臓操練法

    みなさんは、内臓操練法という言葉を耳にしたことはありますか?この鍛錬法は、肥田式強腱術の中に存在する…
ページ上部へ戻る