夜食を食べると太る!?

食事は三食きっちりと、栄養バランスを考えて、など食事にはたくさんの気をつけるべき項目がありますが、夜遅くに食べてはいけないというものもそれにもれなく当てはまります。

夜遅く食べると太ってしまうというのが一番よく言われている事ですが、そうなる原因はいくつもあります。

今日はその中で、BMAL1というタンパク質についてお話しします。

BMAL1(ビーマルワン)は、体内に刻まれている活動リズムが正常に機能するよう調節するタンパク質のひとつです。

他にも脂肪を蓄積させる作用があり、時間帯によってその濃度が変わると言われています。

その濃度が高まった時間帯が夜食の時間帯であり、これが夜食を食べると太ると言われる所以になります。

もちろんBMAL1だけが原因ではないですが、その一角を担っているのは間違いありません。

基本的に時間栄養学的観点からすると体内の活動リズムと肥満は非常に関連するものです。

夜食を食べるということは、規則正しい生活を送れているとは言い難い状況にあると言えます。

生活上、そうならざるを得ないこともあるでしょうが、やはり規則正しく食事をきっちりと摂っていきたいものですね。

関連記事

コメント

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-10-3

    「NO pain no gain」痛みの考え方

    『痛みなくして、得るものなし』【NO pain no gain】古くからよく聞く言葉で、よく…
  2. 2015-3-14

    骨盤のゆがみと仙腸関節

    骨盤は下肢と脊柱を連結する位置にあり、荷重伝達機能を担う。骨盤の可動性に関与するのは、左右の寛骨…
  3. 2017-3-27

    筋トレで効果が出ない時の克服方法

    初心者がトレーニングを開始すると最初の数ヶ月は、使用する重量や反復回数が目覚しく向上していきます。…
  4. 2015-3-31

    sensori-motor integration

    我々が自由に身体を移動させ、手でものをつかみ、投げ、道具を作り、操ることができるのは、全身に備わって…
  5. 2014-10-24

    別腹ってホントにあるの?

    「別腹」って本当にあるのと思ったことありませんか?甘いものは「別腹」などと言われることがあり…
ページ上部へ戻る