Soft tissue mobilization(軟部組織モビライゼーション)

人間のカラダには、骨や筋肉や内臓があり、それを皮膚が包んでいる。
しかしながら、皮膚だけでは構造上脆いので、人体の結合組織としてはありとあらゆる部分に膜が張られている。

この部分、いわゆる軟部組織、ひいては「膜」が人体に置いて重要な役割を果たしており、それらが癒着したり硬くなったり肥厚したりすると、機能的な問題が全身に生じるのではないかと考えられている。

この軟部組織を人為的に動かし、機能を制限している繊維を伸ばす・方向を誘導することによって、より自然な人体の動きを可能にする、というのがSoft tissue mobilization(軟部組織モビライゼーション)という治療テクニックである。

英語の文献ではこの膜のことを「Fascia」と表現している。
主に日本では「筋膜」と呼ばれているが、実際は筋肉だけでなく、内臓、血管や神経、骨など、様々なものを包んでいてカラダの至る所で見られる。
全身をくまなく覆うこの蜘蛛の巣のような膜組織。
全身の解剖をしていくとその膜の多さにびっくりするほど、至る所に張り巡らされていて、身体を包み込んでいる。

この膜が、ヒトの動きに合わせて伸び縮みして、通常の状態であれば人間の動きを円滑に効率良くする役割を果たしてくれるが、どこかに癒着して引っかかったり、膜・繊維が多く積み重なり肥厚してしまったりしている箇所があると、膜自体が歪んだ状態で固まり、結果動きを制限し、その影響は全身に広がっていく。

捻れ、歪みのほとんどが関節などの問題だけではなく、この「Fascia」が関与していると言っても過言ではない。

ヒトのちょっとした動きだったり、アスリートのスポーツ動作をみたり、あるいは姿勢や関節の動きをみるときでさえも、この軟部組織、とくに膜のイメージは意識しておくべきものであり、Soft tissueをしっかりと評価して動かすことができるようにならなければ、真のコンディショニングはできないものと考えている。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-26

    骨盤の傾きと腰部などの身体への負担

    骨盤前傾が大きい(腰椎部伸展位)姿勢では、腰部が反りすぎてしまうので、椎間関節や棘突起など椎骨の後部…
  2. 2016-12-22

    より大きなパワーを引き出すプライオメトリックス

    陸上の短距離や、様々な球技など多くのスポーツで瞬発的な動作が常に要求される。それらの動作は「伸張…
  3. 2015-3-13

    骨を鳴らすと太くなる?

    皆さんのなかにもついつい無意識に指や首の骨をポキポキ鳴らしてしまう方がいると思います。このと…
  4. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…
  5. 2015-2-2

    セントラル・トリガーポイント

    筋膜痛を解決するには、まず、筋の中央に生じるセントラル・トリガーポイントを見つけることが大切です。…
ページ上部へ戻る