Soft tissue mobilization(軟部組織モビライゼーション)

人間のカラダには、骨や筋肉や内臓があり、それを皮膚が包んでいる。
しかしながら、皮膚だけでは構造上脆いので、人体の結合組織としてはありとあらゆる部分に膜が張られている。

この部分、いわゆる軟部組織、ひいては「膜」が人体に置いて重要な役割を果たしており、それらが癒着したり硬くなったり肥厚したりすると、機能的な問題が全身に生じるのではないかと考えられている。

この軟部組織を人為的に動かし、機能を制限している繊維を伸ばす・方向を誘導することによって、より自然な人体の動きを可能にする、というのがSoft tissue mobilization(軟部組織モビライゼーション)という治療テクニックである。

英語の文献ではこの膜のことを「Fascia」と表現している。
主に日本では「筋膜」と呼ばれているが、実際は筋肉だけでなく、内臓、血管や神経、骨など、様々なものを包んでいてカラダの至る所で見られる。
全身をくまなく覆うこの蜘蛛の巣のような膜組織。
全身の解剖をしていくとその膜の多さにびっくりするほど、至る所に張り巡らされていて、身体を包み込んでいる。

この膜が、ヒトの動きに合わせて伸び縮みして、通常の状態であれば人間の動きを円滑に効率良くする役割を果たしてくれるが、どこかに癒着して引っかかったり、膜・繊維が多く積み重なり肥厚してしまったりしている箇所があると、膜自体が歪んだ状態で固まり、結果動きを制限し、その影響は全身に広がっていく。

捻れ、歪みのほとんどが関節などの問題だけではなく、この「Fascia」が関与していると言っても過言ではない。

ヒトのちょっとした動きだったり、アスリートのスポーツ動作をみたり、あるいは姿勢や関節の動きをみるときでさえも、この軟部組織、とくに膜のイメージは意識しておくべきものであり、Soft tissueをしっかりと評価して動かすことができるようにならなければ、真のコンディショニングはできないものと考えている。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-10-17

    エネルギー供給機構を考える。

    筋収縮には ATP が必要であるが、筋内のATP の量はわずかであるため、運動を継続す るた…
  2. 2015-10-4

    神経分離可能性の原理

    運動の遂行には、様々な感覚情報が関与します。心理的要因も例外ではありません。運動の制…
  3. 2015-8-6

    抗原抗体反応と免疫系

    病原菌などの非自己物質を認識し、排除する生体防衛機構のこと。情報伝達を用いて、細胞・組織・器官が複雑…
  4. 2015-2-2

    DHA(ドコサヘキサエン酸)

    近年、日本では、食生活の欧米化が進み生活習慣病が増加傾向にあります。以前は成人病と呼ばれた生…
  5. 2015-9-4

    作業能率的・美学的視点から考える姿勢

    姿勢の良し悪しは、どのような視点でみるのかによって異なります。作業能率と美学的な視点からもみ…
ページ上部へ戻る