今日は、重力や引力コリオリ力などの物理的法則を適応させ身体を整える、三軸修正法について書いていこうと思います。

『動物は全て自分自身で治る力を持っています。考えてみれば当たり前で、野生動物は病院や薬がなくても身体を治します。動物である人も本来、自分自身の力で治る能力を持っています。ただ文明が発達するとともに、そうした能力が弱くなってその結果、身体を機械のように扱い無頓着に叩いたり切ったりして外から治そうとしています。だけどそれは、建物の土台が歪んでいるのに、てっぺんに飾ってある鬼瓦をちょっと直すようなことに似ています。大事なことは、身体自体が自分の歪みに気づき建付け自体を直すことです。』

こう述べているのは、三軸修正法の創始者である、池上六郎氏です。


この三軸修正法というのは、身体再起動法の一つで特色は、その名の通り動きの軸を中心に前後【ピッチング】、左右【ローリング】、そして回旋【ヨーイング】の3つの動きで構成されている。
逆に言えばこの3つの動きがスムーズにできればどんな動きも可能になるわけです。
またこの軸運動は動作の一つ一つを着実に行うことで、自分の不具合箇所を明確にし、意識を向けることができるという調整法です。

三軸修正法の考え方としては、まずは身体に対しての認識を変えることが第一歩です。
多くの人は、自分の体や頭を腕、足などのブロックの集合体として意識し動かしているのを、自分の体がその大きなブロックの集合体ではなく、細かい粒子の充積体と捉え、だからこそ僅かな揺らぎにも反応できるとしている。

さらに武道的な言い方をすれば、極めて細かく割られた体と言えます。
反対に体が割られてない状態では、回転するにも大きなエネルギーと運動を要する。
しかし体を粒子の集合体とするならそれぞれの粒子が一斉に方向を変えれば時間もエネルギーも最小限で動くことができるということです。

こういったことが、三軸修正法が体操的な意味と同時に、体の中を意識するうえで重要なコンセプトになってきます。

イメージとしては、立体物をコピーする3Dスキャンを体の中に行う感じで【ピッチング】、【ローリング】、【ヨーイング】の運動を意識して、体を構成する粒子に対して行うことで、体の中をスキャニングし、自分の体のインバランスを分析するイメージです。

結局、体を含め、全てのことは一刻一刻変わっていて絶対の安定はないわけです。
大事なことは、その状況に合わせて、体が自然にバランスをとり続けることです。その為にも体の中にもっと意識を持っていき自己再生能力を高めていきましょう。

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-3-13

    睡眠欲求の2つのプロセス

    睡眠は概日性の行動であり、すべての種において、睡眠の周期は地球の自転と昼夜周期を知らせる時間の手がか…
  2. 2017-2-6

    体を正しく動かすために

    トレーニングやスポーツ競技を行ううえで炎症が起こることがあります。野球でヒジや肩などの障害は…
  3. 2015-4-24

    幼少期の筋量と骨の発達

    先日、イギリスの研究チームが「子どもの筋量が多いことが、健康な骨の発育に強く関連すること」を発表した…
  4. 2015-2-3

    外界の刺激を感知する「皮膚感覚」

    皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3層からなり、人体で最も広い表面積を持つ器官です。皮膚には、外…
  5. 2016-4-10

    運動学習とフィッツの三相説

    人間発達は遺伝と環境、あるいは成熟と学習の相互作用という視点から理解されてきています。中枢神…
ページ上部へ戻る