力の吸収(loading)と力の発揮(unloading)

『力の吸収(loading)と力の発揮(unloading)』について考えます。

動作を行う際に、無意識のうちに実施する動作と反対方向の動作を先に行うことがあります。

代表的な例としてジャンプ動作が挙げられます。
高くジャンプしようとすれば人は無意識に一度しゃがみ込んだ状態からジャンプ動作に入ります。
この動作は、力の発揮(unloading)の前に力を吸収(loading)を行っています。
力を吸収する際は、重力を利用して関節を動かし、その後コンセントリック収縮をする筋にあらかじめエキセントリック収縮をさせています。

力の発揮(unloading)と力の吸収(loading)の特徴としては

力の発揮(unloading)    力の吸収(loading)
●抗重力           ●重力
●コンセントリック収縮    ●エキセントリック収縮
●加速            ●減速
などが挙げられます。

また、力の発揮には体幹の安定性が必要不可欠です。
体幹が安定しているかどうかで、力の吸収の効率が変わります。

動作の前にいかに力を効率よく吸収(loading)して、実際の動作(unloading)につなげるかはパフォーマンスの発揮にとても重要です。
動作評価をする際は、この力の吸収(loading)と力の発揮(unloading)を評価することもとても重要となります。
特に、loadingの部分がパフォーマンスの発揮の鍵となります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-10-17

    食欲を考える!

    最近、肌寒くなってきて「秋」らしくなってきましたね。秋といえば「食欲の秋」ですね!皆さん食べ過ぎ…
  2. 2017-3-5

    カラダの大きな力を出せないしくみ

    スポーツや生活の中では大きな力を出すことが必要な場面がたくさんあります。そんな時にきちんと大…
  3. 2015-5-20

    紫外線に注意!

    暑さも増し、日焼けをした方もいるかと思います。日焼けは、太陽光のなかで「紫外線によって皮膚が…
  4. 2017-2-6

    体を正しく動かすために

    トレーニングやスポーツ競技を行ううえで炎症が起こることがあります。野球でヒジや肩などの障害は…
  5. 2015-3-30

    内側側副靭帯損傷について

    先日のプロ野球の試合でソフトバンクの斐嗣捕手がホームベースへスライディングの際に膝を痛めてしまいニュ…
ページ上部へ戻る