筋力トレーニングのタイミング

今日はトレーニングの順番と効果についてです。
① 【有酸素性運動後の筋肉トレーニング】

低強度での60分間の自転車ペダリング後に、筋肉トレーニングを行った場合の反応を検討した結果。

一般に筋力トレーニングを行うと、筋肉の肥大に関係する成長ホルモンやテストステロンなど、各種ホルモンの血中濃度が運動後に上昇します。

身体が筋肉を増やそうとしてホルモン分泌が促進されるのです。

しかし、有酸素性運動の後に筋肉トレーニングを実施した場合には、成長ホルモンの血中濃度の上昇が消失する現象がみられました。
② 【スプリント運動後の筋肉トレーニング】

間欠的な全力ペダリング運動(5秒全力ペダリング+25秒休息を8セット)後、1時間および3時間後に筋肉トレーニングを行った場合の結果。

高強度のスプリント運動の1時間後に筋肉トレーニングを行った場合、①と同様に成長ホルモン濃度の上昇が全くみられなかった。

高強度のスプリント運動の3時間後に筋肉トレーニングを行った場合、筋肉トレーニングだけを行う場合に比較して、成長ホルモンの分泌量は半分程度まで抑制されていました。
③ 【筋肉トレーニング後の有酸素性運動】 筋肉トレーニングを行い、その20分後および2時間後に60分間の自転車ペダリング(有酸素性運動)を行った場合の結果。

自転車ペダリング運動のみを行う場合に比較して相対的により多くの脂肪が使われていました。

また、20分後に自転車ペダリングを行った場合には、特に大きな効果が認められました。
これらの結果から考えると、筋肉トレーニングを先に、そして有酸素性運動をその後で実施する方法が、『筋肉トレーニングに対する成長ホルモンの分泌反応』、『有酸素性運動中の脂肪の燃焼や分解量』、という2つの観点から合理的なトレーニングと考えられます。

このように、トレーニングの順番によって効果が変わってきます。

自分の目標・目的にあったトレーニングを行いましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  2. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  3. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  4. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…
  5. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-2-27

    皮膚温度の変化の検出と温度受容器

    手でもった対象物の大きさや形、テクスチャーは触覚だけでなく視覚によっても感知することが可能ですが、温…
  2. 2015-2-17

    スポーツ医学のルーツを知る。

    どの分野でも常に新しい発見があるように、スポーツの世界でも、理論や科学、医学とさまざまな分野で進化を…
  3. 2017-4-30

    大きな力を出させない身体のしくみ

    スポーツや生活の中で大きな力を出すことが必要な場面がたくさんあります。その中で身体を守るため…
  4. 2015-3-31

    sensori-motor integration

    我々が自由に身体を移動させ、手でものをつかみ、投げ、道具を作り、操ることができるのは、全身に備わって…
  5. 2015-12-29

    関節包内運動と固定の位置・ゆるみの位置

    関節には、その角度によって固定の位置(close−packed position)とゆるみの位置(o…
ページ上部へ戻る