今日は、「ガンと運動について」です。
「予防」のためというのはもちろんですが、「ガン患者」や「ガン経験者」についても運動を推奨するというものです。

【ガン予防と運動の有効性について】

「世界がん研究基金・米国がん研究協会」による「がん予防の」ために推奨される10ヶ条」の中で、身体活動が

・結腸癌…リスクを下げることが「確実」(運動が癌のリスクを約5~7割に低下させる)
・乳癌(閉経後期)・子宮内膜癌…リスクを下げる「可能性大」
・肺癌・前立腺癌・乳癌(閉経前期)…リスクを下げる「可能性がある」

さらに具体的な身体活動量として

○「最低30分以上の適度な強度の身体活動を毎日実施すること」
○体力向上を目的に「60分以上のやや強度の高い運動、あるいは30分以上の強度の高い運動を毎日実施すること」
○「テレビ鑑賞のような座位の習慣を少なくすること」

が書かれている。

では、どんな運動をすればいいのか?

①歩行:最も手軽に行える運動で、速歩がお勧めです。歩く時間が少なくても目的地の少し前の駅で乗物を降りて歩く、休憩時間に散歩する、歩いて買い物へ行く、駅や建物内ではエスカレーターやエレベーターを避けて歩いて上がり下がりをする、テレビのチャンネルを変えるのにリモコンを使わないなど小さい積み重ねで目標量を達成できます。下肢障害者でもプール内での歩行が可能なこともあります。(最終目標の目安:1日1万歩(約7km)を90分で歩く)

②体操:毎日のテレビ体操や太極拳でも汗が出るほどの強度があります。布団の上げ下ろし、掃除・雑巾がけ・家事などの日常生活の中でも身体を動かす機会は多くあります。

③軽いスポーツ:ジョギング、なわとび、サイクリング、水泳、ゴルフ、ダンスなど好きなスポーツでいいです。

これらの運動習慣を身に付け継続的に行うようにする。どの運動でも徐々に強度を上げていく必要があります。最初から上げすぎないように。1日にまとめて何時間も運動するよりは、少しずつ毎日続ける方が有効です。ただし体調の悪い日は休むようにしましょう。「余暇運動の頻度が高いほど、乳がんになりにくい」との研究結果も発表されています。継続的な運動を心がけたいものですね。

【ガン患者およびガン経験者と運動】

これまでがん治療を受ける患者は体力を温存するため、できる限り安静にすることが望ましいとされてきました。しかし現在は、癌の治療中あるいは治療後の運動を肯定する科学的根拠が数多く蓄積されています。
化学療法や放射線療法に耐えうる体力を付けることによって生存率の向上が期待できるほか、次のような便益が得られる。

・倦怠感の軽減:化学療法によって赤血球が減少するため倦怠感がみられることが多いが、有酸素運動をすることにより、倦怠感に対する治療の必要性を軽減することができる。

・筋肉量および骨量の低下を軽減:多くの患者は、化学療法やホルモン療法をうけると筋肉量および骨密度が低下するが、定期的な運動によって癌および癌治療によるこれらの低下をともに軽減できる。

・生活の質(QOL)の向上:運動をすると、不安やストレスの軽減など情緒面でも利益を得られ、癌患者の全般的な快適さが向上する。

「癌の診断を受けてから運動を始めても有効と思われるが、診断される前から健康的な状態を維持していればなおよい」(HealthDay Newsより)

これから、クリスマス、年末年始、忘年会や新年会などでなかなか体を動かす機会が少なくなります。来年から…ではなく今からでも継続的な運動習慣を付けていきたいですね。
ガンは待ってはくれませんから。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-25

    慢性疲労の状態が引き起こすオーバートレーニング症候群

    スポーツ活動で生じた生理的な疲労が、十分な回復の過程をとることが出来ずに積み重なってその結果として慢…
  2. 2014-12-10

    たとえ休日でも寝だめはダメなんです

    普段平日の睡眠不足に悩まされている方に採用されがちな解消法として「寝だめ」というものがあります。…
  3. 2014-11-28

    エネルギー不足時の糖代謝

    エネルギー不足時には、肝臓でグリコーゲンを分解したり、筋肉から放出されるアミノ酸から糖新生をして、グ…
  4. 2017-1-7

    筋肉による能動的システムにアプローチする

    正しい動作を行うためには、体幹部の教育と機能を高めることが必要になります。この体幹部を安定さ…
  5. 2015-6-20

    ミラーニューロンと共感力

    「ミラーニューロン」とは、自分の動作と他人の動作に「ミラー鏡」のように同じような反応をする神経細胞の…
ページ上部へ戻る