筋収縮力と剛性と脊柱安定性

筋が収縮するとき、力と剛性が生成されます。

剛性は常に安定化するように働きますが、力は安定化にも不安定化にも働きます。

筋力の発揮とそれに対応する剛性の関係は完全に非線形であり、剛性の増大は筋活動開始後早い段階から生じます。

つまり、筋が活性化するにつれて、脊柱は安定性を増します。

しかし、力が増加し続ける場合は、剛性はほとんど増加せず、それどころか、筋力発揮が大きくなりすぎることで脊椎の座屈を誘発します。

したがって、脊柱安定性を向上させるためには、筋力発揮と剛性のバランスを考えなければなりません。

また、この場合は単一の筋群だけをみるのではなく、貢献するすべての筋のバランスを見る必要があります。

このバランスですが、不十分な剛性では関節を不安定にさせてしまうのは明白です。

しかし、過大な剛性と筋収縮は関節に過度な負荷をもたらし、運動の妨げにもなります。

十分な安定性とは、安定性に必要な筋の剛性と考えられますが、少し余裕をもった安定性がなければならないとされています。

一般的に、適度な筋力により関節剛性が増加すれば、大きい筋力は必要とされないと言われています。

正常な脊椎をもつほとんどの人では傍脊柱筋や腹壁の筋の適度な同時収縮により、腰椎の十分な安定性がもたらされることが明らかになっています。

このことは、腰痛患者からアスリートに至るまで、人はすべての活動において低出力で持続的な筋活動を維持しなければならないということを意味しています。

したがって多くの場合、「不十分な筋力」ではなく、「不十分な持久力」であると考えられます。

経験的に考えても、強い腹筋は必ずしも脊椎、特に腰椎に対する安定性がもたらされるわけではないことが分かることでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-26

    オレキシンというもの。

    人は生きるために食事を取らなければなりません。もちろん生きるためではありますが、それ以上に食…
  2. 2015-7-8

    ヒトが美味しいものを求めるのはなぜ?

    味覚には、甘い・苦いといった味の質の認知的な分析の側面と、美味しい・不味いといった情動性の側面があり…
  3. 2015-9-23

    呼吸と呼吸中枢と反射

    ヒトは、空気を肺に吸い込んで、その中に約20%含まれている酸素を血液中に取り込み、体内でのATP産生…
  4. 2015-6-29

    筋タンパクの同化と異化について

    筋タンパクにおけるタンパク質の同化と異化のパランスは、筋力の維持、余剰になったエネルギーの貯蔵・管理…
  5. 2015-5-18

    肥満と神経ヒスタミン

    ヒスタミンは広く知られているところで、花粉症のくしゃみなどアレルギー症状の原因になる物質です。…
ページ上部へ戻る