筋トレをすると背が伸びなくなるって本当?

トレーニングにまつわる迷信として「筋トレをすると背が伸びなくなる」というものがあります。

特に成長期において、骨の成長を妨げる原因とされていますが、これは迷信に過ぎません。

確かに、とてつもない負荷量のトレーニングを課せば、身体に悪影響を及ぼすこともあるでしょう。

しかし、適切なトレーニングであればむしろ身長を伸ばすことも可能になり、「筋トレをすると背が伸びなくなる」は誤りになるのです。

トレーニングをすることで成長ホルモンの分泌が活性化され、筋はもちろんこと骨の成長を促してくれるので、身長が伸びる手助けになります。

また、トレーニングそのものに骨を刺激する側面があり、その刺激に対して骨が成長していくので、これも身長が伸びる要因になります。

とはいえ、トレーニングのやりすぎは逆に成長を阻害しますし、間違った体の使い方のままトレーニングをするのも良くありません。

全てにおいて適切であるべきなのです。

また、成長には遺伝が大きく関わりますし、栄養の重要性も忘れてはいけません。

「よく食べてよく寝る」そして「良く運動をする」ことが一番の方法だといえるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-12

    アディポサイトカイン

    アディポサイトカインとは、脂肪細胞から分泌され、糖代謝や脂質代謝に影響を与える生理活性物質のことをい…
  2. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  3. 2014-12-24

    筋力トレーニングのタイミング

    今日はトレーニングの順番と効果についてです。① 【有酸素性運動後の筋肉トレーニング】…
  4. 2015-6-8

    内側運動制御系と外側運動制御系

    運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。…
  5. 2015-5-15

    筋細胞内の刺激伝達たんぱく質「エムトル」

    骨格筋が緩やかに減少していくことは高齢者の筋発揮能を考える上で非常に重要である。加齢に伴う骨格筋…
ページ上部へ戻る