筋トレをすると背が伸びなくなるって本当?

トレーニングにまつわる迷信として「筋トレをすると背が伸びなくなる」というものがあります。

特に成長期において、骨の成長を妨げる原因とされていますが、これは迷信に過ぎません。

確かに、とてつもない負荷量のトレーニングを課せば、身体に悪影響を及ぼすこともあるでしょう。

しかし、適切なトレーニングであればむしろ身長を伸ばすことも可能になり、「筋トレをすると背が伸びなくなる」は誤りになるのです。

トレーニングをすることで成長ホルモンの分泌が活性化され、筋はもちろんこと骨の成長を促してくれるので、身長が伸びる手助けになります。

また、トレーニングそのものに骨を刺激する側面があり、その刺激に対して骨が成長していくので、これも身長が伸びる要因になります。

とはいえ、トレーニングのやりすぎは逆に成長を阻害しますし、間違った体の使い方のままトレーニングをするのも良くありません。

全てにおいて適切であるべきなのです。

また、成長には遺伝が大きく関わりますし、栄養の重要性も忘れてはいけません。

「よく食べてよく寝る」そして「良く運動をする」ことが一番の方法だといえるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-4

    作業能率的・美学的視点から考える姿勢

    姿勢の良し悪しは、どのような視点でみるのかによって異なります。作業能率と美学的な視点からもみ…
  2. 2015-4-13

    糖化とはなにか

    からだにとって大切なエネルギー源である糖質ですが、必要以上にとり過ぎてしまうと、余った糖質(ぶどう糖…
  3. 2016-12-17

    連続的持久力と間欠的持久力の乳酸代謝の違い

    長距離走のような一定の強度で長時間運動を継続するものを連続的持久運動といい、サッカーのようなダッシュ…
  4. 2014-11-23

    水素水の効能って何?

    水素はこれまでに、潜函痛の発症予防に使われてきたことがあるが基本的には人体には無害で不活性なガスと考…
  5. 2015-10-12

    アキレス腱周囲炎

    使いすぎ症候群のひとつで、スポーツ障害として高頻度にみられるアキレス腱周囲炎ですが、中年以降のジョギ…
ページ上部へ戻る