筋トレをすると背が伸びなくなるって本当?

トレーニングにまつわる迷信として「筋トレをすると背が伸びなくなる」というものがあります。

特に成長期において、骨の成長を妨げる原因とされていますが、これは迷信に過ぎません。

確かに、とてつもない負荷量のトレーニングを課せば、身体に悪影響を及ぼすこともあるでしょう。

しかし、適切なトレーニングであればむしろ身長を伸ばすことも可能になり、「筋トレをすると背が伸びなくなる」は誤りになるのです。

トレーニングをすることで成長ホルモンの分泌が活性化され、筋はもちろんこと骨の成長を促してくれるので、身長が伸びる手助けになります。

また、トレーニングそのものに骨を刺激する側面があり、その刺激に対して骨が成長していくので、これも身長が伸びる要因になります。

とはいえ、トレーニングのやりすぎは逆に成長を阻害しますし、間違った体の使い方のままトレーニングをするのも良くありません。

全てにおいて適切であるべきなのです。

また、成長には遺伝が大きく関わりますし、栄養の重要性も忘れてはいけません。

「よく食べてよく寝る」そして「良く運動をする」ことが一番の方法だといえるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-12-4

    エネルギーを出し入れするホルモン

    ヒトのカラダは寝ても覚めても常にエネルギーを消費し続けています。だから、エネルギー源となるぶどう…
  2. 2015-2-24

    セカンドインパクトシンドロームを防ぐ

    脳震盪というのはサッカーやアメフトなどの接触プレーの多いコンタクトスポーツで起こりやすい疾患で、頭部…
  3. 2015-6-22

    リクルートメントとレートコーディング

    筋肉の収縮は興奮収縮連関によって生じ、運動単位は筋収縮の基本単位となります。ある特定の筋の収縮力…
  4. 2014-10-31

    便秘と下痢

    食べたものは胃腸で消化・吸収を終えると、24時間から72時間をかけて排便されていきます。この際に…
  5. 2015-11-17

    イメージトレーニングによる神経系の適応

    1992年、G. YueとK. J. Coleにより神経系の適応について、非常に興味深い研究結果が報…
ページ上部へ戻る