腱や靭帯と年齢について

骨格の成熟度と加齢は、靭帯と腱のバイオメカニクス的性質に大きく影響します。

一般に、引張強度、破壊不可と弾性率は、すべての骨端軟骨板が閉鎖されるまでの成熟期で急激に改善されます。

組織の最大強度は骨格成熟時期の前後にピークを迎え、成熟期から老年期にかけて漸次下降します。

成熟度は、靭帯の力学的性質への影響に加えて、引張不可による破壊の様式にも影響を与えます。

未成熟期では、骨端軟骨板は理解しており、この時期に最も頻繁に起こる骨折の仕組みは剥離骨折となります。

これに対し、閉鎖した成熟期では骨端軟骨板が閉鎖しており、靭帯の破壊は実質部の破裂によって生じます。

成熟中ではコラーゲン繊維のサイズが増加し、濃度と合成が高まります。

これに対し、老化した腱や靭帯はコラーゲン濃度が減少し小径のコラーゲン原線維の数が増加します。

さらにコラーゲン原線維の太さを調節するV型コラーゲンが老化した腱や靭帯でみられますが、青年期ではみられません。

更に詳しく老化した腱を解析してみると、エラスチン成分の増加、細胞外液とプロテオグリカン成分の減少などが明らかとなっています。

そしてこれらの変化が、老化した腱において剛性の減少として現れます。

また、ある調査では、22歳〜35歳までの前十字靭帯の剛性や弾性率は、老人に比べて約3倍高いという結果が出ています。

最近の研究では、腱や靭帯は軽・中等度の引っ張りへの抵抗トレーニングで加齢による剛性の減少を最小限に留め、場合によっては逆に増加させることも分かっています。

加えて、腱は筋を骨に結合する結合組織構造であるため、このトレーニングは筋収縮力の伝達に影響を与えます。

抵抗トレーニングでは腱の剛性の増加が誘発され、関節トルクにも好ましい影響を与えます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-8-10

    ATPを産生するメカニズム

    ATPを産生するメカニズムは①クレアチンリン酸(PCr)の分解によるATP-PCr系…
  2. 2016-1-10

    スポーツにおける腰痛とコアの筋構造

    スポーツにおける腰痛は性別・年代を問わず、あらゆる種目の競技者に頻発する障害です。そのなかでも、…
  3. 2017-4-1

    パートナーの補助を受けつつ通常のセットより数レップス多く筋肉を鍛える

    トレーニングをしていると、これ以上反復することはできないという限界を感じることがあります。例…
  4. 2015-2-15

    冬のほうが代謝が高いのはなぜ?

    ほとんど多くの人にとって寒いより暖かいほうが良いでしょうが、代謝という点で考えると実は寒いほうが良か…
  5. 2017-1-24

    トレーニングの効率を上げるコアコントロール

    「コア」は体幹周辺をさす言葉で、頭、腕、脚を除いた胴体部分をさします。このコアの動きを担って…
ページ上部へ戻る