エネルギー伝達の4種

エネルギー伝達とは、身体の各分節間あるいは関節間のエネルギーの流れを意味する言葉です。

このエネルギー伝達は主にに4種類あると考えられています。

1つは関節から分節へのエネルギー伝達です。

ある関節で生み出されたパワーは、その関節から離れた分節の力学的なエネルギーを変化させるためにも使用されます。

例えば、肘関節と手関節を固定した状態で肩関節を外転させた場合には、肩関節の筋群によって生じたエネルギーは手部へと伝達されます。

踵を持ち上げるような足関節底屈動作は、すべての身体分節のエネルギー量を変化させます。

2つ目は、分節から関節へのエネルギー伝達です。

例えば、ジャンプ動作の踏切中、膝が最大伸展位に近づくと、大腿部の回転エネルギーは二関節筋を経由して足関節へ伝達されます。

減速中に失われた大腿部のエネルギーは足関節のパワーとして現れます。

エネルギーの伝達は近位から遠位に向かって行われます。

3つ目は、関節から関節へのエネルギー伝達です。

股関節伸筋群が活動しているとき、二関節筋である大腿直筋が収縮すれば、大腿直筋自体が運動を起こしませんが、股関節から膝関節への伝達に働いています。

その結果、股関節伸筋群によって生み出されたエネルギーの一部が膝関節においてパワーとして現れます。

この様式は、分節から関節へのエネルギーの伝達と似ていますが、これらの違いはエネルギーがどこに由来するかによります。

分節から関節への伝達では、動いている身体分節のエネルギーが用いられます。

これに対し関節から関節への伝達では筋の活動が直接的なエネルギー源となります。

どちらの場合も、エネルギーは二関節筋を経由して関節へ伝達されます。

4つ目は、分節から分節へのエネルギー伝達です。

1つの筋によって連結され2つの分節が同じ方向に回転していて、筋が活動している場合、エネルギーの交換が起こります。

分節の一方において、筋力と分節の運動の方向が反対であれば、分節はエネルギーを放出します。

このエネルギーの一部が次の分節に獲得され、また筋によって吸収されます。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-3-13

    高齢者における筋力エクササイズ

    加齢により筋骨格量は減少し、筋力低下を引き起こすことはよく知られています。加齢による筋力低下…
  2. 2015-5-24

    大脳皮質の地図

    皆さん、脳に地図があることは知っていますか?もちろん脳に地図が描かれているわけではありませんが、…
  3. 2015-1-9

    PRI(Postural Restoration Institute)を考える

    全身のバランスを考えるときに体は左右対称にすべきなのか。それとも、もともとが左右対称でないので、…
  4. 2017-1-28

    トルクコントロール

    トルクとは、筋肉が関節を回す力のことです。それを最適な状態にするのが「トルクコントロール」で…
  5. 2015-11-24

    肩関節周囲炎とそのアプローチによる機能予後

    肩関節周囲炎は、中年以降に起こる肩関節の拘縮と痛みを症状とする機能障害の総祢です。発症のきっかけ…
ページ上部へ戻る