お酢を飲むと体が柔らかくなる・・?

世の中には、合理的な根拠は欠いているものの、多くの人に信じられている迷信がたくさんあります。

中には科学的に検証してみると実は正しいものもありますが、そうではない疑似科学といったようなものがほとんどのようです。

今日はその中で「お酢を飲むと体が柔らかくなる」について考察したいと思います。

誰もが一度は聞いたことのあるこの「お酢を飲めば体が柔らかくなる」説ですが、科学的根拠はまったく無いそうです。

料理で使うと肉や魚を柔らかくすることからこのような迷信が生まれたのだと思われますが、魚のように骨まで柔らかくなってしまっては逆に不便ではないかと思います。

ここでよく聞くのが、酢には筋中の乳酸を除去してくれる効果があるというものです。

乳酸は以前は不要なものと思われていましたが、それ自体はエネルギーの元にもなります。

酢に含まれるクエン酸がエネルギーの生産工場でもあるクエン酸回路を活発にさせ、乳酸の再利用をより促します。

乳酸はエネルギー源とはいいますが、筋組織内の酸の増加が過度な筋緊張を生んだり、筋収縮の妨げになるという可能性は依然残っています。

筋中に蓄積した乳酸の再利用が促されれば一時的な筋の張りを取ることが出来ると考えられるため、そういった意味では、「体が柔らかくなる」といえるかもしれません。

しかし、これはあくまでマイナスがゼロに戻るというだけです。

また、酢には抗肥満作用があるので、「脂肪が邪魔で前屈が出来ない」といったようなことを予防できるかもしれません。

かなり強引に結びつけていますし、これも柔軟性についてプラスに働いているわけではありません。

こうして考えると、柔軟性を出すのに運動とストレッチに適うものはなさそうですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  2. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  3. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  4. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…
  5. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-26

    喫煙と栄養学の関係

    タバコを吸うことによって、ニコチンなどの有害物質が体内に侵入してきます。喫煙によって体にもた…
  2. 2015-11-24

    肩関節周囲炎とそのアプローチによる機能予後

    肩関節周囲炎は、中年以降に起こる肩関節の拘縮と痛みを症状とする機能障害の総祢です。発症のきっかけ…
  3. 2015-5-15

    筋細胞内の刺激伝達たんぱく質「エムトア」

    骨格筋が緩やかに減少していくことは高齢者の筋発揮能を考える上で非常に重要である。加齢に伴う骨格筋…
  4. 2015-8-16

    ストレスと下垂体 – 副腎系

    生体にストレスが加わると、さまざまな変化が起こります。生体へのストレス負荷により、視床下部―…
  5. 2015-6-1

    この時期から暑熱馴化を

    最近は日差しも強くなり、だんだんと暑くなってきました暑くなってくると冷房をつけて暑さを回避し…
ページ上部へ戻る