お酢を飲むと体が柔らかくなる・・?

世の中には、合理的な根拠は欠いているものの、多くの人に信じられている迷信がたくさんあります。

中には科学的に検証してみると実は正しいものもありますが、そうではない疑似科学といったようなものがほとんどのようです。

今日はその中で「お酢を飲むと体が柔らかくなる」について考察したいと思います。

誰もが一度は聞いたことのあるこの「お酢を飲めば体が柔らかくなる」説ですが、科学的根拠はまったく無いそうです。

料理で使うと肉や魚を柔らかくすることからこのような迷信が生まれたのだと思われますが、魚のように骨まで柔らかくなってしまっては逆に不便ではないかと思います。

ここでよく聞くのが、酢には筋中の乳酸を除去してくれる効果があるというものです。

乳酸は以前は不要なものと思われていましたが、それ自体はエネルギーの元にもなります。

酢に含まれるクエン酸がエネルギーの生産工場でもあるクエン酸回路を活発にさせ、乳酸の再利用をより促します。

乳酸はエネルギー源とはいいますが、筋組織内の酸の増加が過度な筋緊張を生んだり、筋収縮の妨げになるという可能性は依然残っています。

筋中に蓄積した乳酸の再利用が促されれば一時的な筋の張りを取ることが出来ると考えられるため、そういった意味では、「体が柔らかくなる」といえるかもしれません。

しかし、これはあくまでマイナスがゼロに戻るというだけです。

また、酢には抗肥満作用があるので、「脂肪が邪魔で前屈が出来ない」といったようなことを予防できるかもしれません。

かなり強引に結びつけていますし、これも柔軟性についてプラスに働いているわけではありません。

こうして考えると、柔軟性を出すのに運動とストレッチに適うものはなさそうですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-27

    運動後の筋疲労回復としての軽運動

    運動に疲労はつきものです。運動後に疲労を残さないために、さまざまな手段が考えられ、取り入れら…
  2. 2015-11-25

    睡眠不足と肥満

    睡眠が不足していると、理性や判断力を司っている前頭葉の活動が低下し、食べる意欲を司る脳領域の活動が高…
  3. 2016-4-4

    手の開き(指の伸展)と筋の協調

    手の開きは、つかみの準備のために行われます。MPとIP関節を通る指の完全伸展に対する最大の抵…
  4. 2015-9-4

    作業能率的・美学的視点から考える姿勢

    姿勢の良し悪しは、どのような視点でみるのかによって異なります。作業能率と美学的な視点からもみ…
  5. 2015-5-7

    食事の摂取に関するポイント

    カロリーや栄養バランスを管理することも、体重の増減や生活習慣病などに関わってくるので、食事の習慣とし…
ページ上部へ戻る