後頭下筋群と頸部痛

後頭下筋群はその名の通り、後頭下の頸部の深層に位置しています。

これらの筋は軸椎から軸椎、または頭蓋骨へと走行する4つの筋により構成されます。

したがって、筋線維の付着部と走行に基づくと、一側性には頭部の回旋と側屈を、両側性では上位頸椎に対して頭部伸展の作用をもちます。

これらはそれぞれ、大後頭直筋、下頭斜筋、上頭斜筋、小後頭直筋と言います。

このうち、大後頭直筋と下頭斜筋、上頭斜筋はその付着により後頭下三角を形成します。

これは椎骨動脈と後頭下神経という重要な組織を通すトンネルです。

4つのうち、小後頭直筋と上頭斜筋は環椎から頭蓋骨へと走行し、環椎後頭関節の伸展と側屈に作用します。

大後頭直筋は軸椎棘突起から後頭骨へ、下頭斜筋は軸椎棘突起から環椎横突起へと走行します。

大後頭直筋は環椎後頭関節の伸展、下頭斜筋は環軸関節の回旋に適しています。

また、これらの筋は背部の表層に位置する筋よりも非常に小さく、関節の主動作筋や姿勢保持筋としての役割よりも、感覚情報のセンサーとして運動の細かな調整に役立つと考えられています。

これは後頭下筋群のような短分節筋に筋紡錘が多く集中していることからも伺えます。

後頭下筋群はすべて後頭下三角内を通る運動神経である後頭下神経によって支配されていますが、皮枝も有しており伸張や絞扼によって疼痛を引き起こす原因となることがあります。

さらに頸部由来の疼痛で多いのは、ほとんどの後頭部から頭頂にかけて支配する大後頭神経を原因とする場合で、この神経は後頭下三角の外側にあり、頭半棘筋を貫きます。

そのため、後頭下三角付近の絞扼や伸張は大後頭神経を介して頭痛や頸部痛を起こす原因にもなるということです。

この位置に起こる異常はやはり姿勢の問題が大きいようです。

頭部の明らかな前方偏位と上位胸椎の後彎を有する人は、代償的に頭頸部を過伸展しています。

この肢位では後頭下筋群が短縮し、前頸部筋群の伸張性低下をもたらすことが考えられます。

短縮筋による持続的牽引や姿勢変化に伴って関節面に異常に大きな圧縮力が加わることが疼痛発生のメカニズムとして考えられます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-19

    血液脳関門と脳の栄養

    脳の血管には「血液脳関門」といわれる構造があり、血中のタンパク質やその他の物質が脳の中に侵入できない…
  2. 2015-10-7

    グリア細胞について考える

    脳の神経系を組織学的にみると、一定の排列と連結をなすニューロンとその周囲を取り巻くグリア細胞からなり…
  3. 2015-4-30

    呼吸時における肋骨の動き

    肋骨は12対の弓形を呈する平たい骨で構成され、後方は胸椎につながり、前方は浮遊肋を除き、胸骨に直接又…
  4. 2015-6-26

    骨盤の傾きと腰部などの身体への負担

    骨盤前傾が大きい(腰椎部伸展位)姿勢では、腰部が反りすぎてしまうので、椎間関節や棘突起など椎骨の後部…
  5. 2016-2-29

    大腿直筋の生理学的作用

    大腿直筋は、大腿四頭筋の筋力のわずか1/5しかもちません。そのため、それ自体のみでは膝関節を…
ページ上部へ戻る