筋の拮抗的・共同的中和

運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。

一般にはひとつの運動に対して主動作筋、共同筋、拮抗筋は別々の筋が対応しますが、中には共同的かつ拮抗的に働くこともあります。

これは主に「中和作用」として働きます。

上腕二頭筋による前腕の回外運動について考えてみます。

上腕二頭筋は上腕骨や肘関節の屈筋として働きますが、前腕の回外にも強力に関与します。

通常、日常生活において起こる前腕の回外動作では上腕二頭筋はあまり関与することがありませんが、例えばドライバーでネジを回すなどの強い力が要求されるとき二頭筋が主として働きます。

上腕二頭筋の回外効率を高めるためには肘屈曲90°の肢位である必要があります。

実際にネジを回す場面を想像してみると、無意識的に肘関節が90°に屈曲していることが分かります。

このとき、上腕三頭筋による「中和作用」が働いています。

上腕三頭筋は肘関節の伸展筋ですが、上腕二頭筋による肘や肩の屈曲作用に対して拮抗的に働くことで中和し、さらにそれが上腕二頭筋の回外効率高めるというを補助していることになります。

さらにデザイン上でも優れた関係になっています。

上腕三頭筋の付着部は尺骨であるため、橈骨の運動を阻害することはありません。

以前、お話した、腹斜筋群に対する体幹の伸筋群もこの中和作用が働いています。

腹斜筋群の屈曲傾向を体幹の伸筋群が中和することで、効率的な体幹の回旋筋として働くというシステムです。

このように、骨格筋はさまざまな形で関係しあい、運動を円滑に行っています。

このような関係は、二関節筋と長さ-張力関係を考慮するとさらに分かりやすいと思います。

ではまた。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-18

    運動頻度

    運動頻度とは、週当たり、1日あたりのトレーニング回数のことです。運動頻度は、運動強度と運動時…
  2. 2015-2-11

    フレイルという概念

    人間は年齢を重ねるにつれて身体機能が落ちてきます。そしてそれをそのままにしておくとQOL、A…
  3. 2015-10-11

    腱断裂

    腱は骨格筋と骨を結び付けている強靭な結合組織で、筋収縮によって得られたエネルギーは腱によって骨に伝え…
  4. 2015-10-7

    グリア細胞について考える

    脳の神経系を組織学的にみると、一定の排列と連結をなすニューロンとその周囲を取り巻くグリア細胞からなり…
  5. 2017-2-23

    慢性疲労が起こすオーバートレーニング症候群

    スポーツやトレーニングを行って出た生理的疲労が、十分な回復をすることなく積み重なってその結果として慢…
ページ上部へ戻る