腹斜筋群と回旋補助筋群の共同性

今日は、腹斜筋群と回旋補助筋群の共同性について考えます。

内外の腹斜筋は、体幹を回旋させる主要な筋です。

同側の広背筋や腰腸肋筋、体側の横突棘筋はこの腹斜筋の回旋作用を補強する形で活動します。

この「回旋補助筋群」は体幹の伸筋としても効果的に働きます。

強い力で体幹を回旋させているとき、これらの伸筋が働くことで腹斜筋群の体幹屈曲能力を中和することができます。

この中和作用がなければ、体幹の回旋に屈曲が自動的に組み合わさって起こってしまいます。

また、多裂筋は体幹の回旋中、腰部に重要な伸展安定性をもたらします。

腰部の椎間関節や椎間板の病変はこれらの筋群の弱化、疲労、反射抑制をもたらすかもしれません。

体幹の回旋中に多裂筋の適切な活動がなければ、腹斜筋群の一部分の抵抗がなくなり、脊柱基部にごくわずかではありますが、好ましくない屈曲を生み出してしまいます。

これらの体幹の回旋は、身体活動と姿勢によってその負荷が大きく変化します。

例えば、短距離走や円盤投げ、やり投げのように高パワーの体軸回旋時には大きな力が必要となります。

しかし、歩行のように直立姿勢でのゆっくりとした体幹の回旋で少しの力しか必要ありません。

さらに重力による影響もあまりなく、これらの筋群の抗力となるのは、体幹の慣性と拮抗筋の伸張による他動的な伸張となります。

腹斜筋群のトレーニングを考える際はこれらのことに留意するとより良いものになるかもしれません。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-4

    神経分離可能性の原理

    運動の遂行には、様々な感覚情報が関与します。心理的要因も例外ではありません。運動の制…
  2. 2017-9-16

    腱や靭帯と年齢について

    骨格の成熟度と加齢は、靭帯と腱のバイオメカニクス的性質に大きく影響します。一般に、引張強度、…
  3. 2017-2-15

    最大筋力を高めるために

    パフォーマンスをあげるために大きく影響する最大筋力ですが、この最大筋力は「筋の断面積」「運動単位の動…
  4. 2014-12-25

    足のアーチと衝撃吸収

    立位の重心を考えた時、人間は踵のほうに重心が落ちており、足部で考えると踵骨があって距骨があるという …
  5. 2015-11-20

    筋線維の発生と機能構造

    筋は形態的かつ生理的な違いから横紋筋、心筋、平滑筋に分類されます。横紋筋の大部分は骨に付着し関節…
ページ上部へ戻る