腹斜筋群と回旋補助筋群の共同性

今日は、腹斜筋群と回旋補助筋群の共同性について考えます。

内外の腹斜筋は、体幹を回旋させる主要な筋です。

同側の広背筋や腰腸肋筋、体側の横突棘筋はこの腹斜筋の回旋作用を補強する形で活動します。

この「回旋補助筋群」は体幹の伸筋としても効果的に働きます。

強い力で体幹を回旋させているとき、これらの伸筋が働くことで腹斜筋群の体幹屈曲能力を中和することができます。

この中和作用がなければ、体幹の回旋に屈曲が自動的に組み合わさって起こってしまいます。

また、多裂筋は体幹の回旋中、腰部に重要な伸展安定性をもたらします。

腰部の椎間関節や椎間板の病変はこれらの筋群の弱化、疲労、反射抑制をもたらすかもしれません。

体幹の回旋中に多裂筋の適切な活動がなければ、腹斜筋群の一部分の抵抗がなくなり、脊柱基部にごくわずかではありますが、好ましくない屈曲を生み出してしまいます。

これらの体幹の回旋は、身体活動と姿勢によってその負荷が大きく変化します。

例えば、短距離走や円盤投げ、やり投げのように高パワーの体軸回旋時には大きな力が必要となります。

しかし、歩行のように直立姿勢でのゆっくりとした体幹の回旋で少しの力しか必要ありません。

さらに重力による影響もあまりなく、これらの筋群の抗力となるのは、体幹の慣性と拮抗筋の伸張による他動的な伸張となります。

腹斜筋群のトレーニングを考える際はこれらのことに留意するとより良いものになるかもしれません。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-3-20

    女性の骨と運動

    女性ホルモンの代表であるエストロゲンは、骨代謝に関わるとされており、骨芽細胞の働きを促進して、破骨細…
  2. 2015-11-21

    サラブレッドからみる栄養とトレーニング

    1998年、セイウンスカイという競走馬が4歳馬(現3歳)の頂点を決めるレースであるG1レースの皐月賞…
  3. 2015-6-29

    筋タンパクの同化と異化について

    筋タンパクにおけるタンパク質の同化と異化のパランスは、筋力の維持、余剰になったエネルギーの貯蔵・管理…
  4. 2015-11-29

    糖代謝と血糖調節機構

    生命の維持にはエネルギーの獲得が必要であり、糖質は生体にとってもっとも重要なエネルギー源になります。…
  5. 2016-2-9

    呼吸調整中枢とその機能

    呼吸は日常の活動に常に随伴して行われます。つまり、呼吸は多くの運動活動と調和する必要がありま…
ページ上部へ戻る