腹斜筋群と回旋補助筋群の共同性

今日は、腹斜筋群と回旋補助筋群の共同性について考えます。

内外の腹斜筋は、体幹を回旋させる主要な筋です。

同側の広背筋や腰腸肋筋、体側の横突棘筋はこの腹斜筋の回旋作用を補強する形で活動します。

この「回旋補助筋群」は体幹の伸筋としても効果的に働きます。

強い力で体幹を回旋させているとき、これらの伸筋が働くことで腹斜筋群の体幹屈曲能力を中和することができます。

この中和作用がなければ、体幹の回旋に屈曲が自動的に組み合わさって起こってしまいます。

また、多裂筋は体幹の回旋中、腰部に重要な伸展安定性をもたらします。

腰部の椎間関節や椎間板の病変はこれらの筋群の弱化、疲労、反射抑制をもたらすかもしれません。

体幹の回旋中に多裂筋の適切な活動がなければ、腹斜筋群の一部分の抵抗がなくなり、脊柱基部にごくわずかではありますが、好ましくない屈曲を生み出してしまいます。

これらの体幹の回旋は、身体活動と姿勢によってその負荷が大きく変化します。

例えば、短距離走や円盤投げ、やり投げのように高パワーの体軸回旋時には大きな力が必要となります。

しかし、歩行のように直立姿勢でのゆっくりとした体幹の回旋で少しの力しか必要ありません。

さらに重力による影響もあまりなく、これらの筋群の抗力となるのは、体幹の慣性と拮抗筋の伸張による他動的な伸張となります。

腹斜筋群のトレーニングを考える際はこれらのことに留意するとより良いものになるかもしれません。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-1-14

    ウイルスと細菌

    ウイルスと細菌、なんとなく同じもののように思いますが、実は全く違うものです。まず、感染症を簡…
  2. 2016-4-10

    運動学習とフィッツの三相説

    人間発達は遺伝と環境、あるいは成熟と学習の相互作用という視点から理解されてきています。中枢神…
  3. 2016-12-18

    横隔膜の機能が低下する理由

    普段何気なく行う呼吸ですが、この呼吸においてメインとなって働くのが横隔膜です。肺は自分で収縮…
  4. 2016-2-1

    足関節外側靭帯損傷

    足関節外側靭帯損傷は、スポーツ活動やトレーニング中の発生頻度が最も高いスポーツ傷害で、すべてのスポー…
  5. 2017-1-29

    筋線維の損傷と再生

    筋肉は筋トレで一度壊し、回復させると強くなると言われています。ただし、けがや壊れたというより…
ページ上部へ戻る