腋窩陥凹はハンモックのように

肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つの線維束に分けられます。

腋窩陥凹は前部線維束、後部線維束と結合し、下関節上腕靭帯を構成します。

これら下関節上腕靭帯は、ハンモックやスリングのように上腕骨頭を支えており、特に肩関節外転90°のとき緊張します。

緊張した腋窩陥凹はハンモックのように作用することで吊り下がった上腕骨頭を支持し、下方や前後並進に抵抗する「ゆりかご効果」として機能しています。

外転位において、前部線維束と後部線維束はそれぞれ極度の外旋や内旋時にも緊張します。

前部線維束は関節包全体のなかで最も強力で分厚い部分であり、特に重要とされます。

それは前部線維束が外転および中間位の両方で上腕骨頭の前方並進に対する主な抑止力として機能するためです。

外転や外旋を含む強力で動的な動作では、下関節包の前部線維束に特異的なストレスがかかります。

例えば、野球の投球動作におけるコッキング相の際に生じます。

頻繁にこの動作を繰り返すと、前部線維束は過伸長するか断裂します。

そのため上腕骨頭の前方並進に対する主たる抑止力の1つが障害されることになります。

この動作肢位における前部や下部関節包の損傷や緩みの増加は繰り返し起こる肩甲上腕関節の前方脱臼と強く関係しています。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-11

    筋力の増加でスピードを上げる

    筋力を上げてスピードがあがるのかを考えたときに、筋力があがると体重が増えるため遅くなるイメージをもた…
  2. 2014-9-27

    副腎皮質ホルモン

    副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  3. 2015-2-9

    マウスピースの効果

    最近、ボクシングやアメフトなどのスポーツ以外のアスリートでもマウスピースを着けている人が多く見られる…
  4. 2015-8-24

    記憶とシナプス可塑性

    ヒトの脳のニューロンは1000億以上あるとされています。そのそれぞれが数千から数万のシナプス…
  5. 2015-6-27

    脂肪酸は脳の栄養である。

    ヒトの必須脂肪酸は、リノール酸に代表されるω-6脂肪酸とα-リノレン酸に代表されるω-3脂肪酸になり…
ページ上部へ戻る