腋窩陥凹はハンモックのように

肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つの線維束に分けられます。

腋窩陥凹は前部線維束、後部線維束と結合し、下関節上腕靭帯を構成します。

これら下関節上腕靭帯は、ハンモックやスリングのように上腕骨頭を支えており、特に肩関節外転90°のとき緊張します。

緊張した腋窩陥凹はハンモックのように作用することで吊り下がった上腕骨頭を支持し、下方や前後並進に抵抗する「ゆりかご効果」として機能しています。

外転位において、前部線維束と後部線維束はそれぞれ極度の外旋や内旋時にも緊張します。

前部線維束は関節包全体のなかで最も強力で分厚い部分であり、特に重要とされます。

それは前部線維束が外転および中間位の両方で上腕骨頭の前方並進に対する主な抑止力として機能するためです。

外転や外旋を含む強力で動的な動作では、下関節包の前部線維束に特異的なストレスがかかります。

例えば、野球の投球動作におけるコッキング相の際に生じます。

頻繁にこの動作を繰り返すと、前部線維束は過伸長するか断裂します。

そのため上腕骨頭の前方並進に対する主たる抑止力の1つが障害されることになります。

この動作肢位における前部や下部関節包の損傷や緩みの増加は繰り返し起こる肩甲上腕関節の前方脱臼と強く関係しています。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-11-22

    水分の摂取を考える。

    水は普段の生活においてはほとんど意識することなく摂取しているものであるが身体機能保持・調節においては…
  2. 2015-6-24

    興奮収縮連関と筋収縮メカニズム

    神経筋接合部の筋細胞膜側は終板とよばれ、ここには多数のニコチン性ACh受容体が存在しています。…
  3. 2015-3-24

    運動前後の栄養補給

    今日は、運動前後の栄養補給について書いていきます。先日、お客様より「運動した後はどんな食事が…
  4. 2015-12-23

    筋の時間的加重とは

    筋の活動は収縮と弛緩によって完結されます。それは活動電位による筋細胞の興奮によってもたらされ…
  5. 2017-2-1

    逆三角形の背中をつくる

    引き締まったウエストと厚い胸板、そしてがっしりとした上背部があれば、きれいな逆三角形の体型になります…
ページ上部へ戻る