スポーツとパワー

迫力のあるぶつかり合い、瞬間の素早い動き、力強い動作などをスポーツ場面で目の当たりにすると、パワー溢れる動作あるいはその主体である選手を「パワーのある選手」と表現するとこが多いです。

パワーという言葉は日常でもスポーツの場面でも力強さとして表現され、筋力と同じように扱われています。

しかしながらパワーは物理量であり筋力と明確に区別されます。

パワーは、単位時間あたりにどれだけ仕事が行られたかで定義され、仕事率とも表現されます。

パワーを表す式としては「力と速度の積」で表されます。

つまり、スポーツの場面で置き換えると、筋力が大きいことがパワーの大きいことと等価ではないことがわかります。

力(荷重)が小さいときは速度は大きくなり、力(荷重)が増えるに従い速度が減少します。

そして最大筋力の時に速度は0となります。

最大パワーを発揮する値条件は、一般的に最大筋力の約35%と言われています。

競技種目とパワーの関係を陸上競技の短距離、中距離、長距離で比較すると、短距離の最大パワーより中距離は約20%低く、長距離では約30%低くなります。

最大速度にしては、短距離と比べて中距離は約25%、長距離では約30%低くなっています。

この差は、日頃のトレーニングならびにパフォーマンスの違いによるものだと思われます。

また、同じようなパワー発揮が必要な競技だとしても、競技によってはスピードに依存するパワー発揮、逆に力に大きく依存するパワー発揮があります。

競技において力と速度の関係を考えながらトレーニングすることがアスリートには重要になります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  2. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  3. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  4. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…
  5. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-11

    筋力の増加でスピードを上げる

    筋力を上げてスピードがあがるのかを考えたときに、筋力があがると体重が増えるため遅くなるイメージをもた…
  2. 2015-1-24

    神経ヒスタミンを活性化させる。

    咀嚼によって脳内に放出されるヒスタミンは、睡眠ー覚醒サイクル調節機能に関与します。睡眠と覚醒…
  3. 2015-7-6

    細胞呼吸とは

    細胞内では、炭水化物、脂肪、タンパク質などの有機化合物を分解し、そのときに生じたエネルギーをATPの…
  4. 2014-11-12

    腰部周辺の筋の評価

    今回は『腰まわりの筋肉の状態』について書いていきます。[柔軟性・筋力・感覚]腰痛の人…
  5. 2015-6-8

    内側運動制御系と外側運動制御系

    運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。…
ページ上部へ戻る