スポーツとパワー

迫力のあるぶつかり合い、瞬間の素早い動き、力強い動作などをスポーツ場面で目の当たりにすると、パワー溢れる動作あるいはその主体である選手を「パワーのある選手」と表現するとこが多いです。

パワーという言葉は日常でもスポーツの場面でも力強さとして表現され、筋力と同じように扱われています。

しかしながらパワーは物理量であり筋力と明確に区別されます。

パワーは、単位時間あたりにどれだけ仕事が行られたかで定義され、仕事率とも表現されます。

パワーを表す式としては「力と速度の積」で表されます。

つまり、スポーツの場面で置き換えると、筋力が大きいことがパワーの大きいことと等価ではないことがわかります。

力(荷重)が小さいときは速度は大きくなり、力(荷重)が増えるに従い速度が減少します。

そして最大筋力の時に速度は0となります。

最大パワーを発揮する値条件は、一般的に最大筋力の約35%と言われています。

競技種目とパワーの関係を陸上競技の短距離、中距離、長距離で比較すると、短距離の最大パワーより中距離は約20%低く、長距離では約30%低くなります。

最大速度にしては、短距離と比べて中距離は約25%、長距離では約30%低くなっています。

この差は、日頃のトレーニングならびにパフォーマンスの違いによるものだと思われます。

また、同じようなパワー発揮が必要な競技だとしても、競技によってはスピードに依存するパワー発揮、逆に力に大きく依存するパワー発揮があります。

競技において力と速度の関係を考えながらトレーニングすることがアスリートには重要になります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-18

    体力基盤を向上させる基礎的トレーニング

    基礎的トレーニングとは、すべてのスポーツに必要とされる体力基盤を向上させるための基礎的なトレーニング…
  2. 2017-3-11

    負荷に自重を用いる場合の留意点

    筋力エクササイズの負荷に自重を用いた場合、鍛えたい筋や筋群に加わる負荷強度は、自重に対するそれらの筋…
  3. 2016-2-24

    横突棘筋の解剖

    横突棘筋とは、半棘筋、多裂筋、回旋筋の総称で、脊柱の最深層に位置する筋です。半棘筋は、これら…
  4. 2015-1-16

    ブルーベリーは眼に良いか

    PCで作業をしたり、本を読んだりするなどすると、目が疲れてくることがあるかと思います。目…
  5. 2016-12-18

    横隔膜の機能が低下する理由

    普段何気なく行う呼吸ですが、この呼吸においてメインとなって働くのが横隔膜です。肺は自分で収縮…
ページ上部へ戻る