評価とエクササイズは同時進行で行う。

今回は、評価とエクササイズは同時進行で行うということで、エクササイズの指導をしながら同時に評価していく方法をご紹介します。

エクササイズ指導はすべての動きがチェックの対象になります。

実施しているエクササイズをクライアントがどのように行っているかをチェックすることで、評価とエクササイズを同時に行うことができます。

必要なのは『動きの観察力』です。
動きをどのように行っているのかを観察することが重要です。

最適でない動き(代償をしていないか)をチェックしていきます。

例えば、スクワットであれば
お尻が外へ逃げていないか?
膝が内側へ入っていないか?
つま先の方向は真っ直ぐか?
重心の位置は?
などのチェックをしていくことで問題点が抽出されます。

次に、なぜその最適でない動きが起こっているのか仮説を立て分析していきます。

そして、その後分析し出てきた問題点を改善する為のエクササイズを行い、再度最初に行っていたエクササイズを実施していきます。

そこで、再度エクササイズ中の動作を観察して、評価を繰り返しながら行います。

また、実施したエクササイズの難度が高すぎる場合は、強度を落としたり補助エクササイズを先に取り入れるなども動作を評価することで可能です。

エクササイズ→観察(チェック)→分析→改善エクササイズ→エクササイズ

この順番で繰り返していくことでエクササイズを行っていく中で、同時に改善を行うことができます。
また、より正しいフォームでエクササイズを行うことができる為、効率よくそのエクササイズを実施できます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-11-27

    脂肪の働きを考える!

    それは人類の歴史をさかのぼること数百万年、人類が原始時代を生き抜いていた頃からの話になります。そ…
  2. 2017-2-12

    トレーニングは大筋群などから先に行う

    トレーニング種目を選択したら、種目の順番を考えます。行う順序にはいくつかのポイントがあります…
  3. 2017-2-13

    覚えておきたい法則(原則)

    筋力トレーニングをするにあたって覚えておきたい3つの法則があります。1つ目は、「ルーの法則」…
  4. 2015-7-27

    脊髄の外景を考える

    脊髄( spinal cord )は脊柱管の中にあり、神経管の原型を残し、中枢神経系の中で最も原始的…
  5. 2015-12-18

    夢の中での出来事

    成人の場合、レム睡眠は総睡眠時間のうち約25%を占めます。実は毎晩約2時間も鮮明な夢をみてい…
ページ上部へ戻る