評価とエクササイズは同時進行で行う。

今回は、評価とエクササイズは同時進行で行うということで、エクササイズの指導をしながら同時に評価していく方法をご紹介します。

エクササイズ指導はすべての動きがチェックの対象になります。

実施しているエクササイズをクライアントがどのように行っているかをチェックすることで、評価とエクササイズを同時に行うことができます。

必要なのは『動きの観察力』です。
動きをどのように行っているのかを観察することが重要です。

最適でない動き(代償をしていないか)をチェックしていきます。

例えば、スクワットであれば
お尻が外へ逃げていないか?
膝が内側へ入っていないか?
つま先の方向は真っ直ぐか?
重心の位置は?
などのチェックをしていくことで問題点が抽出されます。

次に、なぜその最適でない動きが起こっているのか仮説を立て分析していきます。

そして、その後分析し出てきた問題点を改善する為のエクササイズを行い、再度最初に行っていたエクササイズを実施していきます。

そこで、再度エクササイズ中の動作を観察して、評価を繰り返しながら行います。

また、実施したエクササイズの難度が高すぎる場合は、強度を落としたり補助エクササイズを先に取り入れるなども動作を評価することで可能です。

エクササイズ→観察(チェック)→分析→改善エクササイズ→エクササイズ

この順番で繰り返していくことでエクササイズを行っていく中で、同時に改善を行うことができます。
また、より正しいフォームでエクササイズを行うことができる為、効率よくそのエクササイズを実施できます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-9

    筋の緊張の調整

    筋緊張とは、広義には安静時における筋の活動状態を示すとともに、運動時の筋活動によって筋張力が発生し、…
  2. 2015-4-18

    さまざまな輸送の仕組み

    我々の体にはさまざまな輸送の仕組みが備わっている。消化管での栄養素の輸送、血管壁を通じた栄養…
  3. 2015-5-24

    紫外線と目

    紫外線は全てが眼底(目の奥)まで達するわけではありません。大部分は角膜(黒目の部分にある透明…
  4. 2015-2-27

    発達性動作機能不全

    発達性動作機能不全は、運動の発達過程において理想的な動作を行う機会が充分でなかった場合や、理想的でな…
  5. 2014-12-10

    たとえ休日でも寝だめはダメなんです

    普段平日の睡眠不足に悩まされている方に採用されがちな解消法として「寝だめ」というものがあります。…
ページ上部へ戻る