評価とエクササイズは同時進行で行う。

今回は、評価とエクササイズは同時進行で行うということで、エクササイズの指導をしながら同時に評価していく方法をご紹介します。

エクササイズ指導はすべての動きがチェックの対象になります。

実施しているエクササイズをクライアントがどのように行っているかをチェックすることで、評価とエクササイズを同時に行うことができます。

必要なのは『動きの観察力』です。
動きをどのように行っているのかを観察することが重要です。

最適でない動き(代償をしていないか)をチェックしていきます。

例えば、スクワットであれば
お尻が外へ逃げていないか?
膝が内側へ入っていないか?
つま先の方向は真っ直ぐか?
重心の位置は?
などのチェックをしていくことで問題点が抽出されます。

次に、なぜその最適でない動きが起こっているのか仮説を立て分析していきます。

そして、その後分析し出てきた問題点を改善する為のエクササイズを行い、再度最初に行っていたエクササイズを実施していきます。

そこで、再度エクササイズ中の動作を観察して、評価を繰り返しながら行います。

また、実施したエクササイズの難度が高すぎる場合は、強度を落としたり補助エクササイズを先に取り入れるなども動作を評価することで可能です。

エクササイズ→観察(チェック)→分析→改善エクササイズ→エクササイズ

この順番で繰り返していくことでエクササイズを行っていく中で、同時に改善を行うことができます。
また、より正しいフォームでエクササイズを行うことができる為、効率よくそのエクササイズを実施できます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-4

    反射神経とは

    競技によっても様々ですが、アスリートたちの反応の速い動きをみてると驚かされるばかりです。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-12-24

    筋力トレーニングのタイミング

    今日はトレーニングの順番と効果についてです。① 【有酸素性運動後の筋肉トレーニング】…
  2. 2015-9-8

    安静立位姿勢と筋活動

    人間の日常生活の行動の多くは、立位姿勢やそこから派生する姿勢で行われています。そのため、立位…
  3. 2015-1-24

    高齢者の運動効果

    歳をとってからでも筋肉トレーニングをしたら効果は出るのでしょうか??高齢者でもしっかりと筋ト…
  4. 2015-4-2

    筋のガーディングとは

    筋のガーディングとは、痛み刺激に反応する筋の持続的収縮であり、防御的に体が過度に動くのを防ぐためのサ…
  5. 2015-3-20

    身体を動かすテレビゲームって運動になるんですか?

    身体を動かすテレビゲームは今やたくさんありますが、果たしてそれが運動効果をもたらすものなのでしょうか…
ページ上部へ戻る