加齢に伴う身体能力の変化

加齢に伴い運動機能は減退します。

特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難にするだけでなく、日常的な生活活動にも障害をきたしてしまいます。

筋力は、20歳~50歳代までに約10%低下し、60代、70代には15%ずつ低下、その後は10年ごとに約30%低下します。

この筋パワーの低下が原因となって多くの日常生活も困難となっていきます。

筋パワーの低下は40代から顕著のなり、その低下率は筋力の低下率よりも高いと報告されています。

この原因としては、筋収縮機構の機能低下や骨格筋の動員低下などサルコペニア以外の要因が関与していると推測されます。

この身体能力低下の予防策として筋力トレーニングがおススメです。

一過性の筋トレは骨格筋のたんぱく質の合成を急激に刺激し、タンパク質同化作用を促進します。

高強度の筋トレを行うと、運動後約2~3時間後に急激に筋タンパク合成が増加します。

この同化作用は運動後約24~48時間持続します。

つまり、筋トレによるタンパク質同化作用の繰り返しが、結果として筋肥大を引き起こすと考えられています。

筋トレによって加齢に伴う筋力の低下を大幅に抑制することができるのです。

さらに、骨代謝は運動による機械的ストレスの影響を強く受けるため、筋トレによる高強度の負荷が高齢者の骨密度の維持や増加を導くと報告されています。

骨粗鬆症対策の観点からも、日常生活に運動を取り入れることは重要になります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-30

    内側側副靭帯損傷について

    先日のプロ野球の試合でソフトバンクの斐嗣捕手がホームベースへスライディングの際に膝を痛めてしまいニュ…
  2. 2015-7-16

    運動中の水分補給

    皆さんは、運動中に何を飲んでいますか?水、お茶、スポーツドリンクのうちのどれかに当てはまる方…
  3. 2015-2-13

    姿勢習慣を意識する

    姿勢習慣とは、安静および活動中に身体が姿勢をとる方法です。姿勢という言葉は通常、脊柱を保…
  4. 2016-1-11

    単純な行動も脳のさまざまな部位によって制御されている。

    単純な反射反応から複雑な精神活動まで、すべての行動は適切に相互されたニューロン間に起こるシグナル伝達…
  5. 2015-9-23

    呼吸と呼吸中枢と反射

    ヒトは、空気を肺に吸い込んで、その中に約20%含まれている酸素を血液中に取り込み、体内でのATP産生…
ページ上部へ戻る