暑熱順化と運動トレーニングの影響

私たちが運動トレーニングを続けたり、暑熱環境にたびたびさらされると、深部体温や皮膚温が上昇して発汗する機会がふえます。

すると、同一深部体温あたりの発汗量が増加し、同一発汗量あたりの汗塩分濃度も低下して、発汗機能が改善されていきます。

このような改善は、40℃以上の高温環境下であれば、中等度以下の強度でも、4~5日目から観測されます。

この運動トレーニングや暑熱順化に伴う発汗量の増大は、活動汗腺数の変化ではなく、コリン感受性の亢進や汗腺肥大を意味する単一汗腺あたりの汗出力の増大に起因します。

暑熱順化や運動トレーニングにより体液量が増加することも発汗機能の改善に作用します。

運動開始時に観測される非温熱性発汗も運動鍛錬者では大きくなります。

熱帯地に行くと、日本人に比べて現地人の発汗量が少ないことに気づく方もいるかもしれません。

同一の体力レベルの日本人と熱帯地住民に対して、同一深部体温レベルになる運動を段階的に負荷してみても高強度運動ほど、熱帯地住民の発汗量が日本人より少なくなります。

これは、おそらく常に多量発汗を続けると脱水の危険があるため、長期暑熱順化した乾性熱放散(皮膚血管拡張)に依存した熱放散様式を獲得し、体液保存を優先しているように思われます。

このような特性は、日本人が長期間熱帯地に滞在しても獲得されます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-6

    尿による水分量の調節

    1日に尿をする回数は、成人で平均4~6回、その量は1日で約1.5リットルになるといわれています。…
  2. 2015-11-7

    ミネラルの正体

    ミネラルというとイコール塩分といったイメージがありますが、実はそうではありません。普段、ミネ…
  3. 2015-12-15

    伸張反射は中枢からの運動司令を強化する。

    すべての運動は筋や関節や皮膚の受容器を活性化させます。Sherringtonは、身体運動によ…
  4. 2017-1-24

    トレーニングの効率を上げるコアコントロール

    「コア」は体幹周辺をさす言葉で、頭、腕、脚を除いた胴体部分をさします。このコアの動きを担って…
  5. 2015-6-17

    脂肪蓄積と体内時計

    体内時計の中枢である中枢時計は、視床下部視交叉上核にあり、各末梢器にも末梢時計なるものが存在していま…
ページ上部へ戻る