スポーツの場面での「かけ声」の効果

身体活動と呼吸との間には密接な関連があります。

一般的には吸気相では促通性に、呼気相では抑制性に働くといわれています。

最大努力で力を出す場合には、吸気相から止息相で発揮した値が最も多くなります。

上腕屈曲力を対象とした呼吸の位相と最大筋力との関連性を12名の平均でみると、呼気相では27.7㌔、吸気相では27.8㌔、止息相が30.2㌔、「かけ声」では31.5㌔の順に増大しました。

スポーツの場面を見てみると、柔道や剣道での「かけ声」や「気合い」は能力を高める効果があります。

昨今では、テニス、重量挙げ、ハンマー投げなどの競技でも「かけ声」を利用していますが、いずれも素早い動作場面で用いられることが多いです。

それは、「かけ声」を利用することによって、筋収縮の立ち上げが加速されるというところにあります。

神経筋機能の視点から「かけ声」の効果をみると、かけ声の試行が無声に比べて筋収縮の初期段階において高い値を示します。

これは「かけ声」によって大脳の興奮水準が高められることを意味しており、その結果筋収縮の立ち上げは加速されるのです。

実際に「かけ声」を積極的に取り入れる剣道の打撃動作において、中段の構えから素早い正面打撃動作を行ったときの打撃動作時間は、「無声」に比べて動作前と動作時に「かけ声」を発するほうが短縮します。

効果的な発声のタイミングは競技種目やトレーニングによって異なりますが、スポーツにおいて素早い動きが必要な時に恥ずかしがらずに一度「かけ声」試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  2. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  3. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  4. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…
  5. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-16

    運動の「向き」「不向き」は遺伝子だけで決まるものではない。

    ACTN3という遺伝子をこ存じでしょうか?αアクチニン3タンパク質の略で、筋肉の構造に関わる…
  2. 2014-12-14

    評価とエクササイズは同時進行で行う。

    今回は、評価とエクササイズは同時進行で行うということで、エクササイズの指導をしながら同時に評価してい…
  3. 2015-11-11

    股関節にある二関節筋に対するストレッチの有効性

    臨床家は、筋骨格系の治療と予防に筋のストレッチングをよく用います。股関節の二関節筋、とくにハ…
  4. 2017-4-1

    パートナーの補助を受けつつ通常のセットより数レップス多く筋肉を鍛える

    トレーニングをしていると、これ以上反復することはできないという限界を感じることがあります。例…
  5. 2016-2-8

    女子サッカー選手における女性特有のコンディション

    女子サッカー選手に限らず男性との性差、つまり女性特有のコンディションを理解して選手の健康管理を行うこ…
ページ上部へ戻る