スポーツの場面での「かけ声」の効果

身体活動と呼吸との間には密接な関連があります。

一般的には吸気相では促通性に、呼気相では抑制性に働くといわれています。

最大努力で力を出す場合には、吸気相から止息相で発揮した値が最も多くなります。

上腕屈曲力を対象とした呼吸の位相と最大筋力との関連性を12名の平均でみると、呼気相では27.7㌔、吸気相では27.8㌔、止息相が30.2㌔、「かけ声」では31.5㌔の順に増大しました。

スポーツの場面を見てみると、柔道や剣道での「かけ声」や「気合い」は能力を高める効果があります。

昨今では、テニス、重量挙げ、ハンマー投げなどの競技でも「かけ声」を利用していますが、いずれも素早い動作場面で用いられることが多いです。

それは、「かけ声」を利用することによって、筋収縮の立ち上げが加速されるというところにあります。

神経筋機能の視点から「かけ声」の効果をみると、かけ声の試行が無声に比べて筋収縮の初期段階において高い値を示します。

これは「かけ声」によって大脳の興奮水準が高められることを意味しており、その結果筋収縮の立ち上げは加速されるのです。

実際に「かけ声」を積極的に取り入れる剣道の打撃動作において、中段の構えから素早い正面打撃動作を行ったときの打撃動作時間は、「無声」に比べて動作前と動作時に「かけ声」を発するほうが短縮します。

効果的な発声のタイミングは競技種目やトレーニングによって異なりますが、スポーツにおいて素早い動きが必要な時に恥ずかしがらずに一度「かけ声」試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-1-8

    筋の粘弾性性質と収縮活動

    筋緊張(トーン【tone】)、もしくは筋張力(テンション【tension】)は生理学的に2つの因子に…
  2. 2015-1-15

    相撲における『股割り』『腰割り』の重要性

    相撲での柔軟性というと、180度脚を広げて胸を地面につける「股割り」が真っ先に思い浮かぶ、それは、相…
  3. 2017-1-18

    運動頻度

    運動頻度とは、週当たり、1日あたりのトレーニング回数のことです。運動頻度は、運動強度と運動時…
  4. 2017-3-5

    カラダの大きな力を出せないしくみ

    スポーツや生活の中では大きな力を出すことが必要な場面がたくさんあります。そんな時にきちんと大…
  5. 2015-1-31

    違和感を考える。

    身体を動かす際に、痛くはないけれど普通ではない状態のときなどに感じる『違和感』。この『違…
ページ上部へ戻る