パフォーマンスを向上させる反復練習

スポーツのパフォーマンスを向上させるためには、そのスポーツに必要なスキルの要素を特に繰り返し練習すると思います。

それは、必要なスキルを繰り返し練習し、必要な脳の神経回路を強化する必要があるからです。

1日当たりの練習量は多いほうが練習効果は大きくなりますが、その練習効果は1週間で現れ、その後は練習量による差は一定になるという研究があります。

そのことから、練習はやり始めにたくさんやることが大切であると考えられています。

また、反復練習の注意点としては、1つの動作をリズミカルに反復すると、その動作自体というよりも、その動作の繰り返し全体が1つの系列動作として習得されてしまい、実際の試合とは力の入れ方や動き方が異なってしまう危険があります。

さらにまた、いくつかのパターンの動きを、パターンごとまとめて行う練習(ブロック練習)と、異なるパターンを順不同に混ぜ合わせて行う練習(ランダム練習)とを比較すると、練習中にはブロック練習のほうが成績は良くなりますが、休息期間をおいて再テストを行うと逆に、ランダム練習のほうが良くなるという報告があります。

そのため、反復練習を行う際は、1回1回、新たな気持ちで集中して行うことが大切になります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  2. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  3. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  4. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…
  5. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-12-9

    スポーツ医学の起源を知る。

    どの分野でも常に新しい発見があるように、スポーツの世界でも、理論や科学、医学とさまざまな分野で進化を…
  2. 2015-5-24

    紫外線と目

    紫外線は全てが眼底(目の奥)まで達するわけではありません。大部分は角膜(黒目の部分にある透明…
  3. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…
  4. 2015-5-19

    血液脳関門と脳の栄養

    脳の血管には「血液脳関門」といわれる構造があり、血中のタンパク質やその他の物質が脳の中に侵入できない…
  5. 2015-1-9

    PRI(Postural Restoration Institute)を考える

    全身のバランスを考えるときに体は左右対称にすべきなのか。それとも、もともとが左右対称でないので、…
ページ上部へ戻る