パフォーマンスを向上させる反復練習

スポーツのパフォーマンスを向上させるためには、そのスポーツに必要なスキルの要素を特に繰り返し練習すると思います。

それは、必要なスキルを繰り返し練習し、必要な脳の神経回路を強化する必要があるからです。

1日当たりの練習量は多いほうが練習効果は大きくなりますが、その練習効果は1週間で現れ、その後は練習量による差は一定になるという研究があります。

そのことから、練習はやり始めにたくさんやることが大切であると考えられています。

また、反復練習の注意点としては、1つの動作をリズミカルに反復すると、その動作自体というよりも、その動作の繰り返し全体が1つの系列動作として習得されてしまい、実際の試合とは力の入れ方や動き方が異なってしまう危険があります。

さらにまた、いくつかのパターンの動きを、パターンごとまとめて行う練習(ブロック練習)と、異なるパターンを順不同に混ぜ合わせて行う練習(ランダム練習)とを比較すると、練習中にはブロック練習のほうが成績は良くなりますが、休息期間をおいて再テストを行うと逆に、ランダム練習のほうが良くなるという報告があります。

そのため、反復練習を行う際は、1回1回、新たな気持ちで集中して行うことが大切になります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-9

    内臓操練法

    みなさんは、内臓操練法という言葉を耳にしたことはありますか?この鍛錬法は、肥田式強腱術の中に存在する…
  2. 2015-3-19

    脂肪とは何か?

    健康面でも美容面でも「脂肪」という名前が出ていますが、そもそも脂肪とはなんでしょうか。お腹の…
  3. 2015-4-6

    ウィルチェアラグビー

    皆さん、ウィルチェアラグビーはご存知ですか?https://www.youtube.com/…
  4. 2017-1-30

    トレーニングプログラム

    理想の身体を作るために様々な方法があると思いますが、トレーニングを行い筋肉をつけてメリハリのある身体…
  5. 2015-8-21

    筋紡錘とゴルジ腱器官

    筋紡錘は最も複雑な感覚受容器であり、知覚部分と収縮部分からなり、筋線維と一緒に引き伸ばされるように筋…
ページ上部へ戻る