足裏チェックして姿勢を改善

姿勢をただしてくださいと言われると、多くの人は背中を意識して背筋をピンと伸ばそうとすると思います。

姿勢と足はどんな意味があるのかと思うかもしれませんが、姿勢を考えるにあたって背中以上に注意を向けないといけないのは足もとです。

もちろん背中、脊柱も大切です。

しかし背骨を支える土台となっているのは足なのです。

よい姿勢を保つには足の裏が床や地面についていることからはじまります。

足の裏がからだにとっての役割は大きく分けて3つあります。

①立つ、歩くという姿勢や動作の安定性を生む。

②呼吸の安定性を生む。

③脳の働きの安定性を生む。

足の裏が望ましい形でしっかり地面についていると、立ったり歩いたりといった日常生活の動作が自然に行え、脳の働きを安定させたり、呼吸を落ちつかせたりします。

それでは、足のチェックポイントです。

①足の指は伸びていますか。

②足の指の間に隙間はあるか。

③足の指と足裏のどこが床についているか。

この3点が基本になります。

足の指が伸びていないために足の関節にシワがよっていたり、それぞれの指の間に隙間がない、また親指や小指が内側に曲がっている、そのような様子が見えたら足を正しく使えていないと思ったほうがいいです。

足裏の接地のポイントとしては、立ったり、座ったりどのような状態の時でも母指球と小指球、かかとの骨の3点が地面にしっかりとついているかです。

この3点がしっかりついていなければ、足の裏が様々な動作に対応できません。

どんなに体を鍛えても、いずれ行き詰まってしまいます。

足の裏の状態を整えて姿勢を正しスポーツ中のケガを減らしましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-12

    アキレス腱周囲炎

    使いすぎ症候群のひとつで、スポーツ障害として高頻度にみられるアキレス腱周囲炎ですが、中年以降のジョギ…
  2. 2015-5-15

    筋細胞内の刺激伝達たんぱく質「エムトア」

    骨格筋が緩やかに減少していくことは高齢者の筋発揮能を考える上で非常に重要である。加齢に伴う骨格筋…
  3. 2015-7-16

    運動中の水分補給

    皆さんは、運動中に何を飲んでいますか?水、お茶、スポーツドリンクのうちのどれかに当てはまる方…
  4. 2017-3-12

    発育期における筋力エクササイズ

    近年子ども達の体力や運動能力の低下が指摘されています。筋の発揮する張力は身体活動の基盤であり…
  5. 2017-11-23

    筋収縮力と剛性と脊柱安定性

    筋が収縮するとき、力と剛性が生成されます。剛性は常に安定化するように働きますが、力は安定化に…
ページ上部へ戻る