足裏チェックして姿勢を改善

姿勢をただしてくださいと言われると、多くの人は背中を意識して背筋をピンと伸ばそうとすると思います。

姿勢と足はどんな意味があるのかと思うかもしれませんが、姿勢を考えるにあたって背中以上に注意を向けないといけないのは足もとです。

もちろん背中、脊柱も大切です。

しかし背骨を支える土台となっているのは足なのです。

よい姿勢を保つには足の裏が床や地面についていることからはじまります。

足の裏がからだにとっての役割は大きく分けて3つあります。

①立つ、歩くという姿勢や動作の安定性を生む。

②呼吸の安定性を生む。

③脳の働きの安定性を生む。

足の裏が望ましい形でしっかり地面についていると、立ったり歩いたりといった日常生活の動作が自然に行え、脳の働きを安定させたり、呼吸を落ちつかせたりします。

それでは、足のチェックポイントです。

①足の指は伸びていますか。

②足の指の間に隙間はあるか。

③足の指と足裏のどこが床についているか。

この3点が基本になります。

足の指が伸びていないために足の関節にシワがよっていたり、それぞれの指の間に隙間がない、また親指や小指が内側に曲がっている、そのような様子が見えたら足を正しく使えていないと思ったほうがいいです。

足裏の接地のポイントとしては、立ったり、座ったりどのような状態の時でも母指球と小指球、かかとの骨の3点が地面にしっかりとついているかです。

この3点がしっかりついていなければ、足の裏が様々な動作に対応できません。

どんなに体を鍛えても、いずれ行き詰まってしまいます。

足の裏の状態を整えて姿勢を正しスポーツ中のケガを減らしましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-5

    腰椎分離症とは…

    背骨は、S字状の構造を持っていて上半身の重さと、着地した時の地面からの衝撃を分散…
  2. 2016-12-20

    行動を調整する能力を高めるコーディネーショントレーニング

    コーディネーショントレーニングとは行動を調整する能力を高めようとするトレーニングであり、ジュニア期で…
  3. 2015-7-7

    神経新生と二つの因子

    神経新生とは新しく神経細胞が生まれる現象です。20世紀にラモニ・カハールによりニューロン説が…
  4. 2015-2-25

    脳とコンピューターの処理の違い

    脳は、莫大な量の情報を絶えず処理しています。その大量の情報を脳はどうやって処理しているのでし…
  5. 2015-11-25

    睡眠不足と肥満

    睡眠が不足していると、理性や判断力を司っている前頭葉の活動が低下し、食べる意欲を司る脳領域の活動が高…
ページ上部へ戻る