大きな力を出させない身体のしくみ

スポーツや生活の中で大きな力を出すことが必要な場面がたくさんあります。

その中で身体を守るためにあえて大きな力を出させない仕組みがあるのです。

筋肉はその端と端に腱という組織で関節をまたいで骨につながっています。

筋肉で発生した力は腱によって骨に伝わります。
じょううとすると、関節 は筋肉の縮もうとする方向にその角度を変えようとしますが、もしその動きに抵抗して関節を逆に動かそうとする力が加わると、筋肉が縮もうとする力を発揮しても関節はすぐには動きません。

これは、腱の中にあるゴルジ腱器官という感覚器官から信号が出て、その腱が傷つくかもしれないという信号が脊髄に伝わり、運動神経細胞からの筋肉に対する指令が弱まり、力の発揮が弱くなるためです。

この仕組みはゴルジ腱反射と呼ばれています。

ケガをしないためにはこの反射は大切ですが、大きな力を出す為にはこの反射は邪魔になります。

トレーニングにおいて繰り返して徐々に負荷をかけていくことにより、この反射が勝手に働かないように身体をならしていきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-8-11

    筋持久力とエネルギー供給

    持久力とは、運動を持続できる能力のことで、疲労に対する抵抗力とも言えます。筋持久力を決定する…
  2. 2015-1-24

    高齢者の運動効果

    歳をとってからでも筋肉トレーニングをしたら効果は出るのでしょうか??高齢者でもしっかりと筋ト…
  3. 2015-7-16

    運動中の水分補給

    皆さんは、運動中に何を飲んでいますか?水、お茶、スポーツドリンクのうちのどれかに当てはまる方…
  4. 2016-4-4

    手の開き(指の伸展)と筋の協調

    手の開きは、つかみの準備のために行われます。MPとIP関節を通る指の完全伸展に対する最大の抵…
  5. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
ページ上部へ戻る