大きい筋肉ほど回復が遅く、小さい筋肉ほど回復が早い

トレーニングのプログラムを分割する場合は、トレーニング部位によって回復期間に差があることを考えないといけません。

体幹側の大きな筋肉ほど回復期間が長いことで知られています。

一方、体肢の小さな筋肉になるにしたがい、回復期間は短くなります。

このことからも、プログラムは大きい筋肉を中心に分けるのがコツといえます。

3分割するなら「胸部→背部→大腿部」を繰り返すといいです。

この分割法なら、十分な回復期間をとった状態で、高頻度のトレーニングが可能になります。

そして、胸部のエクササイズでは、共働筋として角筋や上腕三頭筋が同時に鍛えられます。

小筋群である肩や腕のエクササイズを組み入れる場合は大筋群に合わせたトレーニングを考慮することで効率が増します。

また、腹筋などは、比較的回復が早い筋肉として知られています。

毎回のプログラムに入れても全く問題ありません。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-7

    筋肉による能動的システムにアプローチする

    正しい動作を行うためには、体幹部の教育と機能を高めることが必要になります。この体幹部を安定さ…
  2. 2014-11-22

    水分の摂取を考える。

    水は普段の生活においてはほとんど意識することなく摂取しているものであるが身体機能保持・調節においては…
  3. 2015-2-15

    サルコペニア対策は大丈夫?

    今日は加齢によって起こる「サルコペニア(加齢性筋萎縮症)」という問題について触れていきます。…
  4. 2015-8-9

    大脳と随意運動

    連合野には前頭連合野、頭頂連合野、側頭連合野があります。視覚、体性感覚、前庭・迷路感覚からの…
  5. 2014-11-22

    グリコーゲンローディング

    日常生活におけるあらゆる運動・スポーツはエネルギー源物質であるアデノシン三リン酸(ATP )の高エネ…
ページ上部へ戻る