筋肉作りに欠かせないアミノ酸について

筋肉を作る上で、欠かすことができないタンパク質は20種類のアミノ酸からできています。
さらに20種類のアミノ酸は必須アミノ酸と非必須アミノ酸で分けられます。
20種類のアミノ酸は、それぞれ特徴を持っていて筋肉にエネルギーを供給したり、疲労回復をサポートしたり、成長ホルモンの分泌を促してくれるなど色々な効果があります。
これらの効果を有効に活用できるのがアミノ酸のサプリメントです。
例えば、筋肉作りやアスリートのパフォーマンスに効果が高いのが、必須アミノ酸のBCAAやグルタミンと言われています。
食事から摂取する必要のある必須アミノ酸には、トリプリファン・ロイシン・リジン・バリン・イソロイシン・スレオニン・フェニルアラニン・メチオニン・ヒスチジンがあり、バリン・ロイシン・イソロイシンの3種類がBCAAになります。
さらに、BCAAはビタミン類なども摂取できるタイプもあります。
BCAAは必須アミノ酸の中でも筋肉作りに大きく関与しているので、ニーズが高いです。
これを補給することによって、筋力のパワーアップやトレーニング中のタンパク質の分解を防ぐなどの効果が期待できるため、ハードなトレーニングを実現できます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-27

    疲労の回復を促進するには?

    前回は疲労の原因について書きましたが、今回は疲労の回復についてです。疲労の原因は活性酸素が細…
  2. 2017-3-1

    大きな力を発揮するために

    筋肉が力を発揮する源は、筋原線維にあるミオシンのクロスブリッジがアクチンを引き込むことです。…
  3. 2017-3-3

    回転スピードをコントロールして運動の効果を高める

    慣性モーメントが大きいを回しにくく、慣性モーメントが小さいと回しやすいということはフィギュアスケート…
  4. 2015-1-22

    女性ホルモン「エストロゲン」

    若さを保つ為に必要なホルモンのひとつに「エストロゲン」といわれるものがある。いわゆる女性ホルモン…
  5. 2015-5-14

    プリン体とは何か?

    アデニンやグアニンはその構造にプリン環と呼ばれる化学構造を持っています。このようなプリン環を持っ…
ページ上部へ戻る