筋肉作りに欠かせないアミノ酸について

筋肉を作る上で、欠かすことができないタンパク質は20種類のアミノ酸からできています。
さらに20種類のアミノ酸は必須アミノ酸と非必須アミノ酸で分けられます。
20種類のアミノ酸は、それぞれ特徴を持っていて筋肉にエネルギーを供給したり、疲労回復をサポートしたり、成長ホルモンの分泌を促してくれるなど色々な効果があります。
これらの効果を有効に活用できるのがアミノ酸のサプリメントです。
例えば、筋肉作りやアスリートのパフォーマンスに効果が高いのが、必須アミノ酸のBCAAやグルタミンと言われています。
食事から摂取する必要のある必須アミノ酸には、トリプリファン・ロイシン・リジン・バリン・イソロイシン・スレオニン・フェニルアラニン・メチオニン・ヒスチジンがあり、バリン・ロイシン・イソロイシンの3種類がBCAAになります。
さらに、BCAAはビタミン類なども摂取できるタイプもあります。
BCAAは必須アミノ酸の中でも筋肉作りに大きく関与しているので、ニーズが高いです。
これを補給することによって、筋力のパワーアップやトレーニング中のタンパク質の分解を防ぐなどの効果が期待できるため、ハードなトレーニングを実現できます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-8-9

    300億個もの脂肪細胞とエネルギー恒常性

    脂肪細胞は脂肪組織の主要な構成細胞であり、エネルギーを細胞内に中性脂肪として蓄積しています。過剰…
  2. 2016-3-13

    睡眠欲求の2つのプロセス

    睡眠は概日性の行動であり、すべての種において、睡眠の周期は地球の自転と昼夜周期を知らせる時間の手がか…
  3. 2016-2-11

    IAP(腹腔内圧)の上昇能と動的制御・パフォーマンスアップ

    体幹は身体質量の約65%を占めドロップジャンプ動作の着地局面における体幹の慣性モーメントは下肢の慣性…
  4. 2017-1-18

    運動頻度

    運動頻度とは、週当たり、1日あたりのトレーニング回数のことです。運動頻度は、運動強度と運動時…
  5. 2015-5-15

    筋細胞内の刺激伝達たんぱく質「エムトア」

    骨格筋が緩やかに減少していくことは高齢者の筋発揮能を考える上で非常に重要である。加齢に伴う骨格筋…
ページ上部へ戻る