タバコによるダメージ

タバコの煙は、粘膜を直接に刺激するだけでなく、唾液に溶けて飲み込まれ、また血液中に吸収されて全身をめぐり、さまざまな害をもたらします。

その中で、タバコによる二大死因が心筋梗塞と肺癌です。

喫煙者は狭心症や心筋梗塞になりやすく、アメリカでの喫煙者の心筋梗塞による死亡は、非喫煙者に比べて60~70%も高いとされています。

わが国でも、1日に1箱以上の喫煙者では狭心症や心筋梗塞のリスクは、非喫煙者の「4.6倍」になると言われています。
しかも、喫煙者で血圧やコレステロールが高いなどの、他の因子を併せ持っている人のリスクは相乗的に増加します。

喫煙者では善玉コレステロール(HDLコレステロール)が低く、脂肪代謝の面からも動脈硬化が進みます。
また、血液が固まるのに関係する血小板の異常や、フィブリノーゲンの増加を生じて、心筋梗塞を起こす可能性も考えられています。

喫煙は脳の表面のクモ膜の血管から出血する「クモ膜下出血」との関連が非常に強く、特に女性に関係が強くなります。
さらに、脚などの血管から強い動脈硬化を起こして、血液の流れが悪くなる「閉塞性動脈硬化症」の最大の危険因子です。

肺癌のリスクは、1日に1箱の喫煙で非喫煙者の「10倍」となり、1日に2箱では「25倍」以上となります。

喫煙は、他のがん〔咽頭・食道・腎臓・膀胱・子宮頸部〕の原因となり、慢性気管支炎や肺気腫などの悪化、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因となり、妊婦の未熟児出産のリスクも増加させます。

これほど喫煙が健康に悪いことが明らかなのに、なぜあまり問題にされないのでしょうか?
それは、タバコを栽培する農民から製品に加工して販売する企業、流通や宣伝広告に携わる企業まで一連のタバコ産業を形成し、収益の一部が国家の財源となっている事実があります。

単に医学的な健康上のリスクの議論だけでは現状は改善しないのです。

受動的喫煙、つまりタバコの煙をタバコを吸わない周囲の人が吸い込むことによって、心筋梗塞と肺癌のリスクが増すことが明らかになっています。

喫煙者は、喫煙によってまわりの人や環境を傷つけてしまうことを認識し、喫煙マナーを守ることが必要です。

タバコは精神的・肉体的に薬物依存の状態を作り出すため、喫煙者がタバコをやめるのは大変です。
タバコは最初から吸わないほうがいいでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-4-24

    幼少期の筋量と骨の発達

    先日、イギリスの研究チームが「子どもの筋量が多いことが、健康な骨の発育に強く関連すること」を発表した…
  2. 2016-2-15

    臼蓋形成不全と肢位の関係

    股関節を横走する関節周囲筋は、股関節の安定性にとって重要です。実際には、股関節の適合を高める…
  3. 2015-4-15

    間脳の解剖 前編

    間脳は大脳半球と中脳との間にある脳部です。背面は大脳半球に覆われているので、外からは見えませ…
  4. 2015-2-16

    運動の「向き」「不向き」は遺伝子だけで決まるものではない。

    ACTN3という遺伝子をこ存じでしょうか?αアクチニン3タンパク質の略で、筋肉の構造に関わる…
  5. 2014-10-9

    運動後には・・・チョコレートドリンク!?

    運動後の水分補給や栄養補給には何が効果的か。これに関しては、さまざまなところで議論が行な…
ページ上部へ戻る